ここから本文です

5モデルしかないジープはなぜ日本で売れている? 最新モデルをイッキ乗りして考えた!(チェロキー&グランドチェロキー&レネゲード&ラングラー試乗記)

8/22(木) 20:42配信

GQ JAPAN

ジープの最新モデルをオフロードおよびオンロードで試した! 数モデルしかラインナップしていないにもかかわらず、2018年の輸入車ブランド別販売台数で7位にランクインしたジープ(1万1438台)。はたして、その魅力とは?

【写真を見る】飾りじゃないのよ4WDは…FFベースでもヨンク性能が凄い理由とは?

想像以上にタフなレネゲード トレイルホーク

「富士ヶ嶺オフロード」(山梨県)で、ジープ「ラングラー リミテッド ルビコン」を走らせた同日、比較的新しいジープ・ブランド各車にもチョイ乗りしたので、以下ご紹介したい。

まず、2019年4月4日、「4×4を楽しむ日」に、国内発表された「レネゲードトレイルホーク」である。ジープ・ブランドにおける最小モデルのレネゲードは2014年に本国で発表となり、日本には2015年に上陸。2019年2月に兄弟車のフィアット「500X」に先立ってマイナーチェンジを受け、新世代の1.3リッター直列4気筒マルチエア・ターボ・エンジンを搭載する。

トレイルホークは“TRAIL RATED”の赤いバッヂを持つ、オフロード性能が引き上げられたモデルで、ラングラー以外のジープ各モデルに設定される。レネゲードの場合、トレイルホーク以外のモデルが6速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)のFWD(前輪駆動)であるのに対し、9速ATのオンデマンド式4WDになる

1331cc直列4気筒マルチエア 16バルブ・ターボは最大トルクこそ270Nm/1850rpmで変わらないものの、最高出力は151ps/5500rpmから179ps/5750rpmにアップしている。

今回、朝霧高原にあるゴルフ場の別棟が試乗会のベース(基地)になっていて、そこからほんの数km離れた富士ヶ嶺オフロードまでレネゲード トレイルホークで移動した。ボア×ストローク=70×86.5mmのロング・ストローク型ながら、この1.3リッター・ターボが軽快によくまわるのが印象的で、車重1570kgの都市型コンパクトSUVとして、オンロードでなかなかファン・トゥ・ドライブだと筆者は思う。

肝心のオフロード性能にかかわっては、最低地上高210mmと、レネゲードのFWDモデルより40mm増やされている。ホイールが16インチから17インチに格上げされ、マッド&スノー・タイヤを標準装備する。ラングラー アンリミテッド ルビコンから乗り換えると、正直、若干心もとない印象を抱くけれど、安心してください。「トレイルホーク」に与えられる、ジープ独自のオフロード性能試験に合格した証“TRAIL RATED”の赤バッヂは伊達ではない。

インパネ下部にある4WD LOWとヒル・ディセント・コントロールのボタンを押し、スロットル、変速機、トラクション・コントロールなど12種類の車両マネジメント・システムを連動させる「セレクテレインシステム」の、「オート」(自動)「スノー」(雪)「サンド」(砂)「マッド」(泥)「ロック」(岩)の5つのモードのなかから「ロック」を選ぶ。さすれば、あれよあれよと、富士ヶ嶺オフロードに設けられたラングラー ルビコン用とおなじモーグル・コースをなんなくこなしていく。

ただし、筆者がずいぶん前にハタと気づいたことを読者諸兄と分かちあっておきたい。それは、4×4のオフロード試乗会において、主催者は“走れそうなところを走らせている”、のではないかという疑問である。それはそうである。走れそうもないところを走らせたらタイヘンなことになる。まして、自然環境においてだったら、なおさらだ。

レネゲード・トレイルホークの場合、4WD LOWは「アクティブドライブロー」と呼ぶシステムのスイッチONで、1速ギア固定となるに過ぎない。ラングラーのように、副変速機をローに切り替えるわけではないのだ。けれど、ZFの9速ATは9速もあるから、ギア比をワイドにとれる。なので、1速ギア4.713×最終減速比4.585=21.6という、CR(クロール・レシオ)を持つ。おなじレネゲードでも、FWDモデルの6速DCTのCR=18.3と較べるとその差は一目瞭然。

たとえ、FFベースのクロスオーバー4WDであっても、“TRAIL RATED”の赤バッヂが与えられるトレイルホークにはちゃんと十分なオフロード能力を実現している。いわば、スズキ「ハスラー」に本格4WDの「ジムニー」の、あるいはトヨタ「ハリアー」に「ランドクルーザー」の性能を持たせているようなものだ。ここにジープ・ブランドの矜持がある。レネゲード トレイルホーク、380万円。これはオフロードにおけるスーパー・ミニの変種とみなしてよいのではあるまいか。

1/3ページ

最終更新:8/22(木) 21:08
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年10月号
2019年8月24日発売

800円(税込)

平手友梨奈が着こなす最新テーラード/”いま何を着るべきか”2019年秋冬ファッション特集/香取慎吾のアートが爆発「ヤンチェ_オンテンバール」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事