ここから本文です

「悲劇」に流れた涙を糧に結束した吹奏楽部員たちの物語―精華女子高等学校に咲いた「華」―ひとつ目のコトバ

8/22(木) 18:00配信

BEST TIMES

 8月も終盤、夏の甲子園も佳境に。高校の部活動に打ち込み、全国を目指すのは野球部員だけではない!  現在、吹奏楽に励む日本の中学生や高校生の演奏技術は欧米のどの国よりも高い、といわれるほどのレベルに達している。それを成しているのは、日々の厳しい練習と努力によるもの。吹奏楽に高校生活を捧げ、青春を過ごす吹奏楽部員たちのリアルな物語を彼女たちを支えたコトバたちとともに描く。(『吹奏楽部アナザーストーリー 上巻』(KKベストセラーズ)より引用)

この記事の写真はこちら

―精華女子高等学校のコトバ
新生・精華という「華」

 精華女子高等学校吹奏楽部
【写真左から】木部冬羽さん(3年・テナーサックス)、橋村桃子さん(3年・パーカッション)、髙木美雨さん(3年・トランペット)、生野みさとさん(3年・チューバ)
[2019年3月取材]

 

■全国大会出場を逃した精華に集まった29人の少女たち

 それはまさしく「熊本の悲劇」だった。

 人気、実力ともに全国トップレベルの精華女子高校吹奏楽部。櫻内教昭(さくらうちのりあき)先生が、前任の藤重佳久先生から顧問のバトンを受け取って1年目。2015年8月23日に熊本県立劇場で行われた九州吹奏楽コンクールにおいて、精華はジェームズ・バーンズが作曲した自由曲《交響曲第3番》を見事に演奏しながらも、九州代表の座を逃した。
 奇しくも、代わりに全国大会初出場を決めたのは、前任の藤重先生が率いる長崎の活水中学校・高校吹奏楽部だった。
 櫻内先生が率いる新生精華、その「美しき華」は熊本に散った―。

 

 翌年の春、精華の吹奏楽部の新入部員は激減した。50人の入部を目標としていたが、実際に入ったのは29人。初心者も3人いた。全国大会出場を夢見る中学生の多くは、他校に流れてしまった。

 そんな状況でも精華を選んだ29人は、心の底から精華を愛する者ばかりだった。精華の演奏、精華のマーチングに憧れて、九州を中心に全国から集まってきたのだ。

 だが、パーカッション担当の「モモコ」こと橋村桃子だけは違っていた。本当は福岡大学附属大濠高校でマーチングをやりたいと思っていたのだが、受験で合格できず、精華にやってきたのだ。

 モモコは小学校のころからマーチングバンドに参加し、大阪城ホールで行われる小学校バンドフェスティバルに3回出場したことがあった。全日本マーチングコンテストの高校以上の部も、同じ大阪城ホールで行われる。

「大濠はダメやったけど、もう一度大阪城ホールに立ちたい」

 その思いから、マーチングの名門でもある精華を選んだ。しかし、憧れの精華で瞳を輝かせながら部活動を始めた同級生たちを横目で見ながら、モモコは「自分はみんなとは違うんや……」という後ろめたさを引きずり続けた。

 それから2年が経った2018年春、あの29人は最上級生になった。精華では代々3人の部長が共同でリーダーを務める。2018年度はトランペット奏者の「ミユ」こと髙木美雨が音楽部長、チューバ奏者の「ミサト」こと生野みさとが生活部長、そして、モモコが運営部長に選ばれた。

 モモコは内心では「精華に来ることを望んでいなかった自分なんかが、こんな重要な役割についていいんかいな……」と思っていたが、それを口にすることはできなかった。

 あの「熊本の悲劇」の翌年から精華は見事に復活し、2年連続で全日本吹奏楽コンクールと全日本マーチングコンテストで金賞を受賞していた。部員も年々増え、29人の後に117人もの後輩が入部。2018年度には約150人という大所帯になった。

 もちろん、この年も目指すは3年連続のダブル金賞だ。

 

1/3ページ

最終更新:8/26(月) 18:42
BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事