ここから本文です

自分は「変な体型」。生きるか、死ぬかの境目から始まったモデル道|冨永愛 #30UNDER30

8/22(木) 11:30配信

Forbes JAPAN

「悩むってとても良いこと」

弱い部分があるから強くなれる

今はVOGUE JAPANでエッセイを執筆したり、自分のキャリアや価値観について発信もしています。「包み隠さずなんでも話すよね」と言われることもありますが、意識しているつもりもないんです。ポジティブなことって、基本的にネガティブなことがなければ書けません。だから積極的に暴露しているつもりもないんですよ。

私が海外に出て、挑戦して勝負して、ここまでやってこられたのも、ものすごい弱かった自分がいるから。子供の頃は、常に人と比べて、背が小さくて可愛い子になりたいなと思っていたし、みんなと一緒になりたかった。やっぱり弱い部分があるから強くなれるんですよ。

悩むってとても良いこと。悩まなければ向上しないし、挫折がなければ成功もありません。悔しいとか、辛いとか、悲しいとか、とても大切だと思います。陰と陽は、表裏一体であることを、この歳になって感じますね。だから、いま悩んでいる人も大丈夫ですよ。

私がちょうど20歳の頃、あるファッションジャーナリストに言われた言葉が印象的だったのでご紹介します。

「白鳥は水面を美しく泳いでいるように見えて、水面下では一生懸命水をかいているのよ」

当時は「努力しなさい」というように聞こえて、素直に受け止められず、反抗心があったんですが、いろんな意味を含んでいるように思えて、じわじわと胸に沁みるようになりました。もう少ししたら、もう一つの意味が見えてきそうな気がしています。

10年後に何をしているかなんて、そんなこと想像もつきません。でも、もっと多様性が広がり、皆さんが好きなものを見つけ、面白いものを発信して、各々の世界を広げていって、自分なりのチョイスができる時代になって行くのだと思います。これからも私は私のチョイスをしていき、いつまでも写真を撮りたいと思ってもらえるモデルでありたいですね。

とみなが・あい◎神奈川県出身。17歳でNYコレクションデビュー。以後約10年間に渡り、世界の第一線でトップモデルとして活躍。その後、拠点を東京に移し、モデルの他、テレビ、ラジオ、イベントのパーソナリティなど様々な分野にも精力的に挑戦。日本人として唯一無二のキャリアを持つスーパーモデルとして、チャリティ・社会貢献活動や日本の伝統文化を国内外に伝える活動など、その活躍の場をクリエイティブに広げている。

Forbes JAPAN 編集部

4/4ページ

最終更新:8/22(木) 11:30
Forbes JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事