ここから本文です

中国に忖度?ヘタレ「トップガン」に米国で怒りの声

8/22(木) 6:15配信

JBpress

 (北村 淳:軍事社会学者)

 ハリウッド同様にアメリカ海軍当局も中国共産党の前に膝を屈したのかと米海軍などの対中強硬派は憤りを募らせている。

【写真を見る】日章旗と青天白日満地紅旗が差し替えられた革ジャン。

■ 中国共産党に“忖度”して製作? 

 1986年にトム・クルーズが米海軍の艦上戦闘機パイロットを演じて大ヒットしたハリウッド映画「トップガン」の続編「トップガン マーヴェリック」が現在製作中だ。日本での公開は来年(2020年)夏の予定である。

 1作目の「トップガン」がヒットした直後には、米海軍航空隊への志願者が前年比5倍に達し、米海軍そのものへの志願者も大幅に増加したといわれている。そのため「トップガン マーヴェリック」がヒットすれば、再び米海軍への志願者が増加するのでは?  という期待がないわけではない。

 ただし、7月にパラマウント・ピクチャーズが予告編を公開すると、「米海軍パイロットの活躍を描く映画なのに、中国共産党に“忖度”しながら製作するとは何事か」という声が、一般の映画ファンの間からだけでなく、米海軍関係者、とくに対中強硬派の中から沸き上がった。

 というのは、主人公マーヴェリック(パイロットのコールサイン)が地上で着用している革ジャンの背中に貼られている大きなワッペンに、中国当局に気兼ねしたとしか思えないような変更が加えられているからだ。

■ 歪曲された革ジャンのワッペン

 このワッペンは、米海軍巡洋艦「ガルベストン」が1963~64年にかけて日本・台湾・沖縄で作戦した際のものだ。第1作では現物どおりに星条旗、日章旗、青天白日満地紅旗(台湾の国旗)と国連旗でデザインされていた。だが、「トップガン マーヴェリック」の予告編に登場した革ジャンの背中には日章旗と青天白日満地紅旗が除去された異様なワッペンが映し出されていたのだ。

 米海軍などの対中強硬派の人々は、このような歪曲は容認することはできないと怒っている。

 とはいうものの、パラマウント社を含むハリウッドの興行収益や投資が大いに中国に依存している現状を考えると、共産党独裁国家である中国国内で上映される「トップガン マーヴェリック」に関しては中国共産党による検閲を通さなければならない。そうである以上、日章旗はともかく青天白日満地紅旗をパラマウントの制作陣が除去するのはやむを得ないと対中強硬派の人々も半ば諦めている。しかし、アメリカで公開されるバージョンに関してはこのような中国共産党に対する屈服的な態度は許されるべきではない、と主張している。

 そこで、対中強硬派の米海軍関係者たちは、米海軍当局に対して「米海軍の協力なしでは『トップガン マーヴェリック』の撮影はできないのだから、少なくともアメリカ国内で公開されるバージョンに関しては中国側に阿(おもね)ったような描写は避けるべきである。海軍と映画関連会社はそのことに同意して協定を締結せよ」と申し入れた。

1/2ページ

最終更新:8/22(木) 6:15
JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress Premiumは
日本の未来を創るビジネスリーダー
のための総合メディア
JBpressが提供する有料会員サービスです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事