ここから本文です

【J1展望】浦和×松本|勝点3が遠い両チーム。対戦成績では浦和が3戦全勝と分があるが…

8/22(木) 17:52配信

SOCCER DIGEST Web

浦和――メンバーは流動的ながら、まずは眼前の試合に集中

Jリーグ 第24節
浦和レッズ-松本山雅
8月23日(金)/19:30/埼玉スタジアム2002
 
浦和レッズ
今季成績(23節終了時):10位 勝点30 8勝6分9敗 22得点・32失点
 
【最新チーム事情】
●ACL上海戦も控え、メンバーは流動的
●西川は反町監督のセットプレーと、旧知の仲間を警戒
●松本の守備ブロックをいかに切り崩すか

【サポ―ター必見】カメラマンが厳選するJ1第23節の"ベストショット"ギャラリー!


 
【担当記者の視点】
 リーグ戦は3引き分けの後に神戸に完敗。夏休み最後のホームゲームで勝利が求められるが、松本戦の後にはACLの上海遠征も控えることでメンバーは流動的だ。最終ラインからボランチでは多少の入れ替えが視野に入る。

 西川は北京五輪代表の監督だった松本の反町監督について「セットプレーが多彩で、初めて見るようなことをしてくるかもしれない。特に最初の1本に気をつけなければ」と警戒する。そして、浦和時代の同僚で松本に加入した阪野について「右足のシュートがうまい。巻くのもそうだし、そう見せてニアに蹴るのもある」と、知っているからこそ警戒している。
 
 一方の攻撃面で、関根は「サイドを攻略して中を楽にしたい。ドリブルやランニングで突破するのが役目。クロスの質を上げないと、ゴール前は人数が多い」とポイントを話した。また、武藤は「色々な大会がある難しさはあるけど、一つひとつの試合。勝利が一番」と、まずは眼前の試合に集中すると話した。

松本――10戦未勝利と泥沼化。橋内、永井の戦列復帰はプラス材料だが…

J1リーグ24節
浦和レッズ - 松本山雅FC
8月23日(金)/19:30/埼玉スタジアム2002
 
松本山雅FC
今季成績(23節終了時):17位 勝点20 4勝8分11敗 13得点・28失点
 
【最新チーム事情】
●前節は橋内と永井が故障から復帰して先発
●前節・名古屋戦は最終盤の失点でドロー。10戦勝利なし
●浦和より準備期間が1日少ない中4日
 
【担当記者の視点】
 長いトンネルに入り込んでいる。前節の名古屋戦はFW永井が先制ゴールを決めたものの、後半アディショナルタイムにロングパスから失点して1-1のドロー決着。喉から手が出るほど欲しかった勝点3を寸前で逃し、10試合未勝利となっている。残り11試合で16位まで勝点差が4あることを考えれば、もはやドローでも納得はできない状況だ。
 
 DF橋内とFW永井が前節で先発に復帰したのはプラス材料だが、浦和とのリーグ戦での戦績は3戦全敗。ホームに迎えた前回対戦時も興梠にPKを決められ0-1と敗れている。1試合ごとに重圧が増してくる状況の中、アウェーの埼スタで、しかも浦和より準備期間が1日少ない状態で好パフォーマンスを発揮できるかは未知数と言えるだろう。

最終更新:8/23(金) 11:12
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事