ここから本文です

八村塁、ド迫力ダンク含む13得点 敵地記者も称賛「なぜ指名されたのか、証明した」

8/22(木) 20:13配信

THE ANSWER

アルゼンチンTV局の記者が称賛「日本は素晴らしい出だし」

 バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は22日、W杯(中国)に向けた同5位・アルゼンチンとの強化試合(午後7時試合開始・さいたまスーパーアリーナ)を行い、米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は先発出場。前半を終えて13得点、4リバウンドをマークした。敵地メディアは「NBAドラフトで9位指名となった理由を証明した」と絶賛している。

【画像】これがNBAドラフト1巡目の実力! 八村がド迫力ダンクを決める実際のシーン

 2020年東京五輪の舞台となるさいたまスーパーアリーナを八村がスーパープレーで沸かせた。前半開始55秒で、アルゼンチン守備陣を突破すると豪快なダンクを炸裂。世界の強豪相手に3連続ゴールを決めた。

 無双モードに突入した八村に対し、アルゼンチンメディアも敏感だった。地元テレビ局「NBAデポルTV」でアナリストを務めるユリアン・モゾ氏は「ルイ・ハチムラはNBAドラフトでなぜ9位に選出されたのか、証明するようなスタートを切った。彼はスコラを追い出し、日本は素晴らしい出だしとなった」とツイートした。

 前半は馬場雄大と並び、チーム最多タイの13ゴールと荒稼ぎ。ウィザーズの上位指名に相応しい実力と、南米の強豪国の専門家も称賛している。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/22(木) 20:13
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事