ここから本文です

岡崎体育、前山田健一とは「体感温度の差が気になってまして…」

8/22(木) 14:06配信

ザテレビジョン

9月3日(火)、9月10日(火)にNHK Eテレで放送される「前山田×体育のワンルーム☆ミュージック」(夜10:50-11:20)の取材会が行われ、前山田健一と岡崎体育が出席した。

【写真を見る】とても仲が良さそうな(左から)前山田健一と岡崎体育

パソコンやスマートフォンで音楽を作り、ネットを通じて世界中の人に聞いてもらうことができる現代。自宅の部屋で曲を作り、気軽に音楽サイトへ投稿したことがきっかけで世界的スターになる10代20代が続々登場している。

そんな今の音楽を取り巻く環境と、音楽をクリエイトする楽しさを、前山田健一と岡崎体育が紹介する同番組。

前山田は番組について、「DTM(デスクトップミュージック)に焦点を当てた、まさに令和の音楽番組だなと思っております。僕は音楽を作るにあたって、この時代だからこそミュージシャンとして飯食えてるなと思うことがあるんです。僕はニコニコ動画で曲を発表してから全てのキャリアがスタートしているので、今の時代じゃなかったら僕は世の中に出てこれなかったなと思います」と自身の経験を振り返る。

そして、「今の時代の子たちがどうやって音楽を作るのか、どうやって音楽で“外”に出てくるのか、というファーストステップをご紹介できる番組になればいいなと思います」と意気込みを語った。

一方の岡崎は、「僕はいくつか目標を持っていて、5年くらい前に『Eテレで冠番組を持つ』という夢をTwitterに書いていたんです。それを尊敬できる前山田さんと実現できることを大変うれしく思っています」と喜びを見せた。

また、「音楽作りが今の若い世代にDTMを通して普及していけばいいという趣旨の番組だと思いますし、僕自身も音楽作りに興味を持ってほしいという気持ちはあるのですが、音楽に興味がなくても面白いものを作れたらいいなと。僕はサッカー選手になれないことは分かっているけど、スポーツのドキュメンタリーやサッカーのテクニックを紹介する番組を面白いなと思ってよく見てるんです。

だから音楽に興味がない子が番組を見て、『音楽作りってこういうふうになってんねんな』とか、自分が興味のあることに対して、音楽作りのやり方や向き合い方を照らし合わせて考えられるチャンスになればいいと思っています」と思いを語った。

スタジオには前山田曰く「再現度95%」という前山田と岡崎の自室のセットが出現。

前山田は、「9月3日(火)放送回は部屋から動かずに撮影したので、本当に途中から撮られている感覚がなくて…。岡くん(岡崎)とスカイプしている感じ(笑)」と撮影中のエピソードを披露した。

岡崎は、「ヒャダさん(前山田)には本当にお世話になっていて、2人で冠番組を持つことができて幸せだったんですけど…」と前置きした後、「体感温度の差が気になってまして…」と気になるコメントを。

「僕が暑がりなもんでスタジオの温度下げてもらってるんですけど、ヒャダさんが末端冷え性というか寒がりで、OLさんみたいな感じなので、さぞ寒いやろうなと先輩に気を使いながら、申し訳ない気持ちでいっぱいなんですけど…(笑)」とその真意を話す。

そしてレギュラー化目指しているという岡崎は、レギュラー化に向けて「その辺(体感温度)もこれからすり合わせていきたいなと思ってます」と今後の意気込みを語った。

(ザテレビジョン)

最終更新:8/22(木) 14:10
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事