ここから本文です

“神の子”トーレスは鳥栖に何をもたらしたか? 誰もが認めた衝撃と「一流の振る舞い」

8/22(木) 10:20配信

Football ZONE web

世界的スターが加入1年足らずで引退 鳥栖同僚や監督がその人物像を証言

 2019年6月21日、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが突然の現役引退を発表した。サガン鳥栖に加入してからわずか1年足らずでの出来事。確かに全盛期に比べるとスピードや持久力などは落ちたかもしれない。それでも十分にJ1でプレーできていただけに、誰もが「なぜ?」と思ったに違いない。チームメートで同胞のFWイサック・クエンカも「もっとできるだろ!」と言ったが、トーレスの決意は固く、聞き入れてもらえなかったという。

【写真】鳥栖の元スペイン代表FWトーレス、「物議を醸している」引退記念ユニフォーム

「自分の中にサッカーのレベル、パフォーマンスのレベルがある。決断した理由としては、そこに到達できていないという疑問があった。オプションで残り1年あるが、最後までやり遂げるより、そこのレベルに到達しているなかで終えたい」

 これが、トーレスが引退を決めた理由だ。サッカーをはじめ、多くのことに対して誠実に取り組んできた彼らしい決断だと思えた。今季終了時という選択肢もあっただろうが、彼はそれを良しとしなかった。スペイン代表でワールドカップ優勝など数々の栄光をともに勝ち獲ってきたMFアンドレス・イニエスタやFWダビド・ビジャを擁する23日の第24節ヴィッセル神戸戦を自らの引退試合に選んだ。

 この1年でトーレスは、鳥栖というJ1で一番小さなホームタウンを持つクラブに何をもたらしたのか。

 最も大きかった効果は、鳥栖を世界に知らしめたことだろう。トーレスの加入が決まった昨夏、鳥栖はJ1に昇格して7シーズン目。リーグ戦をはじめ、カップ戦のタイトルを獲得したことのない単なる地方クラブだった。そんなクラブに世界的なスーパースターのトーレスが加入したことは「衝撃」だった。鳥栖を率いる金明輝監督はこう話す。

「世界的に(サガン鳥栖を)認知してもらった。日本の中でもアウェーに行ってもスタジアムがいっぱいですし、ホームでもお客さんが増えた。そういった意味ではサガン鳥栖というクラブを広めてくれたのが第一にあると思います。世界でやってきた経験や取り組む姿勢、彼くらいの選手が練習でも手を抜かないとかそういった部分は今後、サッカーをしていくうえで選手たちにとっていい経験になっていくと思います。あとは試合に出てもそうですけど、一生懸命やってくれる。なかなか点を取らせてあげられなかったのはありますけど、いい準備をして積極的に取り組んでくれたのは他の選手にできない、残してくれたものだと思います」

1/3ページ

最終更新:8/22(木) 12:58
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事