ここから本文です

リバプールFWサラー、今季プレミア導入で物議醸すVARに否定的「好きじゃない」

8/22(木) 17:10配信

Football ZONE web

王者シティがVARにより2試合連続でノーゴール判定、サラーが持論を展開

 今季からプレミアリーグにも正式導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)だが、昨季王者のマンチェスター・シティは開幕から2戦連続でVARによるノーゴール判定を受けるなど物議を醸している。リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは米放送局「CNN」のインタビューで、VARに否定的な見解を示している。

【動画】VARでノーゴール判定となる物議!  シティFWジェズスのゴールが取り消されたシーン

 プレミアリーグ開幕節のウェストハム戦で5-0と大勝を飾ったシティだが、後半には数回VARが介入する場面が見られた。ブラジル代表FWガブリエル・ジェズスはゴールネットを揺らしたものの、VARによってアシストをしたイングランド代表FWラヒーム・スターリングがボールを受けた時にオフサイドだったことが明らかとなり、ウェストハムの間接FKに判定が変更されている。

 さらに第2節トットナム戦でも、試合終了間際にジェズスが決定的なシュートを決めたかと思われたが、VAR判定により直前の競り合いでフランス代表DFアイメリク・ラポルテがハンドを取られ、ノーゴールに。シティは2-2の引き分けで試合を終えている。

「CNN」の取材でVARの使用について質問されたサラーは、「好きじゃない、それが常に私の答えだ。私はVARを好きじゃない」と述べ、こう続けている。

「私は、ありのままのサッカーが好きなんだ。レフェリーのミスもあるし、時には選手が不満を露わにすることもあるだろう。危険なプレーから選手を守るために使われるならいい。それが私の意見だ。選手を守るためだけ。私は、レフェリーのミスや選手のミス、そういうようなものを含めたサッカーを受け入れていた。そうやって、サッカーがよりエキサイティングになるんだ」

 すでにワールドカップなどの国際大会ではVARはお馴染みとなっているが、いまだに賛否両論の議論は絶えない。激しい肉弾戦が繰り広げられるプレミアリーグでは、VARが介入するシーンが多くなりそうだが、それに伴い選手たちの間でも賛否が分かれそうだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/22(木) 17:25
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事