ここから本文です

アップル「ホームポッド」2台使いが秀逸すぎる

8/22(木) 5:40配信

東洋経済オンライン

 アップルはアメリカで2018年2月に発売したスピーカー「HomePod(ホームポッド)」を日本で8月23日に発売する。これに先駆けて、HomePod2台使いをレビューする。

この記事の写真を見る

 筆者は現在、自宅のオーディオ環境をSONOSで構築している。テレビに組み合わせるサウンドバー「Playbar」や、ステレオモデルの「Play 5」などを2017年頃にそろえ、移動させながら「Play 1」も利用している。

 また外出先では、電車や徒歩などでの移動中はアップルの「AirPods」、座って作業をする際には遮音性が高い完全ワイヤレスヘッドフォン、ゼンハイザー「MOMENTUM True Wireless」、飛行機移動ではノイズキャンセリングに対応するParrot「Zik 3」を使い分ける。

 音楽ソースはApple Musicのほか、Spotify、Podcast、大量に持っているCDをデジタル化した音源などさまざまだが、基本的には完全にデジタル音楽に移行しており、すでに自宅にはCDプレイヤーがなく、パソコンからもDVDドライブはなくなってしまった。

■セットアップは「自動的」で極めて簡単

 HomePodは7つのツイーター、6つのマイク、1つのウーハーを搭載する、重さ2.5キロの円筒形スピーカーだ。白とスペースグレーの2色展開で、柔らかに落とされた角の造型をメッシュのファブリックで包み込む様子はいかにもオーディオ製品のアップル的解釈を感じる。

 布巻の電源ケーブルを差し込むとHomePod上部に光が点り、セットアップのモードに入る。AirPodsをペアリングするように、手元のiPhoneをHomePodに近づけると自動的にHomePodを認識してカードが画面に表示され、数タップするだけで自分のApple IDと紐付けるセットアップが完了する。

 HomePodは音声アシスタントSiriに対応しており、「Hey Siri」のおなじみのフレーズで呼び出すと、音楽再生中でもリクエストをクリアに認識して応えてくれる。その音声認識の声の吹き込みも、セットアップの工程の中に含まれていた。

1/5ページ

最終更新:8/22(木) 5:40
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事