ここから本文です

レアルに逆オファー? スポルティングCPがポルトガル代表MFを売り込みか

8/22(木) 12:00配信

フットボールチャンネル

 24歳のポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスを売却するため、スポルティングCPがレアル・マドリーに対して買い取りを提案したようだ。21日にスペイン紙『アス』が報じている。

【写真特集】レアル・マドリーからもランクイン! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 今夏の移籍市場でブルーノ・フェルナンデスは多くの注目を浴びていた。トッテナムやマンチェスター・ユナイテッドが獲得に乗り出したが、希望価格に達していないとして、いずれのオファーも拒否。プレミアリーグの移籍期間が終了したため、現在もブルーノ・フェルナンデスはスポルティングCPに残っている。

 同紙によると、スポルティングCPは今夏の移籍市場でブルーノ・フェルナンデスを売却したいと考えているようだ。そのため、同選手の代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏を通じてマドリーに売り込んでいる模様。売却価格を7000万ユーロ(約82億8000万円)に設定しているようだ。果たして、マドリーはブルーノ・フェルナンデスに興味を示すのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:8/22(木) 12:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事