ここから本文です

伊藤達哉のベルギー移籍が決定。東京五輪出場の夢に向け出場機会求める

8/22(木) 23:52配信

フットボールチャンネル

 ドイツ2部のハンブルガーSV(HSV)に所属していた日本代表MF伊藤達哉は、ベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)へ完全移籍することが決定した。22日に両クラブより発表が行われている。

 現在22歳の伊藤は柏レイソルU-18から2015年にHSVへ移籍。U-19チームとセカンドチーム(U-23)でのプレーを経て、2017/18シーズンにトップチームデビューを飾った。

 HSVのトップチームでは2年間で公式戦合計37試合に出場。昨年8月のキリンチャレンジカップと今夏のコパ・アメリカ2019(南米選手権)では、いずれも出場はなかったが日本代表にも招集された。今季のHSVではトップチームから外され、これまで試合に出場していなかった。

「2020年東京五輪で日本代表入りするのがタツヤの明確な目標だ。その目標を達成し、さらなる成長を遂げるため、彼には何より高いレベルでの実戦が必要だった。我々は彼に実戦機会を提供できなくなっていたが、新たな挑戦に向けて彼の幸運を祈る」とHSVのヨナス・ボルトSD(スポーツディレクター)は伊藤の移籍についてコメントしている。

 ドイツメディアの報道によれば、伊藤の移籍金としては150万ユーロ(約1億7700万円)+ボーナスが支払われるという。STVVではGKシュミット・ダニエルおよびFW鈴木優磨とチームメートとしてプレーすることになる。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:8/22(木) 23:52
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事