ここから本文です

れいわ新選組、衆院選で議席2桁に? 課題は「過去のスキャンダル」掘り起こし

8/22(木) 8:00配信

デイリー新潮

「山本太郎」のもはや笑えない「集金力30億円」(2/2)

「次は衆院」「立候補者100人」とぶち上げ、そして「首相を目指す」と宣言するれいわ新選組の山本太郎代表(44)。党勢の大幅な拡大と桁違いの資金獲得を見込める解散総選挙は、山本代表にとってチャンスというわけである。12月の投開票が囁かれるが、実際、れいわは来る総選挙でどれくらい取りそうなのか。

 ***

 選挙プランナーに分析を願うと、

「衆院の比例代表では、全国で11あるブロックで多少の誤差はあるものの、およそ30万票の得票数で1議席が各党に割り振られる形になっています。れいわは効率的に議席数を積み増すために、選挙区よりも比例代表に力を傾注するでしょう。また選挙区では、今回の参院選でれいわの得票率が際立った東京(7・9%)、沖縄(7・3%)、神奈川(5・7%)、京都(4・7%)、つまり大都市部と革新系の比較的強い地域に注力するはずです。山本さん本人は最も得票を見込める東京都市部の選挙区で出るけれど、比例重複はしないと見ています。比例重複だと、彼のウリだった“背水の陣”感、“不退転の決意”感が薄れてしまいかねない。れいわが上手く成長すれば、次回の衆院選で比例8、更に山本さんを含め小選挙区で数名の候補者を当選させることができて、2桁に手が届きそうです」

 れいわの事情に明るいさる代議士は、今後の戦略について、

「れいわを立ち上げるまで行動を共にしてきた小沢さん(一郎・国民民主総合選対本部長相談役)とはケンカ別れしたわけではなく、うまくやっていますよ。『野党共闘』が持論の小沢さんの言うことも袖にするつもりはない。具体的には、都市部はガッチリ立てるけれど、地方ではそういうことじゃなく、野党で協力して行くつもりです。れいわは『消費税ゼロ』を政策として主張してきましたね。でも既に、より共闘のハードルが低い『消費税5%』を条件にするようになりました」

 と打ち明ける。

 政権幹部のひとりは一連のれいわの風について、

「しばらくはメディアも視聴率が取れるから流しちゃうんだろうけど、実際にどうなの? と言われれば、さほど大きな動きにはならないんじゃないかな、とは思っています」

 と傍観の体ではあるが、こんな風にも口にする。

「ただ、決して馬鹿にしているわけではなくて、警戒はしています。なんて言ったらいいんだろうな……。れいわブームは山本さんご本人の能力ではないというのはわかっている。ただ、俳優だから演じ方がうまいんでね。演説も非常に聞き応えがあるし、候補者の選び方などは新しい。でも、演説の中身は全くなく、ポピュリズムそのもの。だから、怖いところがあるんですよね。やはり都市部で、東京1区とかに出ちゃうと(山本の当選が)あり得るかもしれないね」

1/2ページ

最終更新:8/22(木) 11:01
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事