ここから本文です

あおり運転に備えるドライブレコーダー厳選6点。ドンキの激安品も

8/22(木) 15:52配信

週刊SPA!

パイオニア「カロッツェリア ND-DVR30」

 通常時の撮影はもちろん、映像補正機能により、トンネル通過時など明るさが急変するシーンでも、映像は鮮明でノイズも少ない。大きめのボタンを配置し、動画や静止画の手動撮影も簡単。助手席からでも押しやすいようボタンを配置。動画はもちろん静止画も、撮りたいと思ったときに即座に押せる。
サイズ:W78.5×H68×D36.8mm 重量:110g 価格:約1万9800円(税抜き)

JVCケンウッド「DRV-830」

 一定の時間間隔で静止画を撮っていく機能を備えており、最短1分間隔で撮り続けてくれるから、ドライブを振り返るのにも最適。フルHD解像度を超える高精細な映像で記録可能。microSDXCカードを2枚装着でき、最長20時間の映像が残せる。ドラレコのほか、1/5/15/30分ごとの静止画連続撮影機能も搭載。
サイズ:W87×H55/73×D35mm 重量:110g 価格:約2万1000円(税抜き)

 激安商品の中にも逸品はある。

ドン・キホーテ「情熱価格PLUS 撮影カメラ搭載ドライブレコーダー」

 360度撮影可能で、モニターを確認しながらカメラを設置すれば後方も捉えられる。撮影モードは幅広い視野の『ワイドアングルモード』、前後左右を捉える『マルチウィンドウモード』など4種類を搭載。駐車監視機能と200万画素のカメラも装備。シガーソケットから給電、充電できるバッテリーを内蔵。駐車監視機能や200万画素のカメラなど、ドラレコに必要な機能を備えている。
サイズ:約W93×H63×D31mm 重量:約105g 価格:約1万2800円(税抜き)

 後ろからの危険な煽り運転もあれば、前方に停めた車から降りてきて、恫喝しながら近づいてくるケースもある。そのため、やはりドライブレコーダーは360°に対応したものをチョイスするのがベストだろう。また、ドライブレコーダーを利用する際に多いミスとして、「記録メディア(SDカード)にきちんと録画されていなかった」というものがある。夏には50℃を超える高温の車内で、エンドレスに動画を録画し続けているドライブレコーダーは消耗品と考え、定期的にチェックすることが重要だ。〈文/日刊SPA!取材班〉

―[シリーズ・危険!あおり運転]―

日刊SPA!

2/2ページ

最終更新:8/22(木) 17:20
週刊SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事