ここから本文です

横浜で「マレーシアごはん祭り」開催 夏にぴったりの必食グルメが勢ぞろい

8/22(木) 11:00配信

CREA WEB

グルメ大国マレーシアの味を存分に楽しめる食イベント

 アジアのグルメ大国としてじわじわ人気が高まっているマレーシア。現地に行かないとマレーシアグルメが食べられないと思っている方に朗報です! 

 横浜で8月31日(土)、9月1日(日)、関東のマレーシア料理店が集結し、各店の看板料理をど~んと提供。年に一度の食祭りが開催されます。

 多民族が暮らすマレーシアの食文化は驚くほどバラエティ豊か。

 中国を起源とするチキンライスに、インド文化の影響を受けているカレー付きロティ・チャナイ。

 またスパイスの効いたスープに麺を入れたカリー麺は、その2つの食文化が融合したもの。

 つまり、複数のジャンルの料理と、それらが影響しあって発展してきたのがマレーシアグルメ。それらのバラエティに富んだ味を体験できるのが、このごはん祭りなんです! 

初心者におすすめなのはナシレマッとチキンライス

 マレーシア料理初心者なら、まずはナシレマッとチキンライスをぜひ。

 どちらもポイントはご飯で、ナシレマッはココナッツミルクで炊いた甘い香りのするご飯に、コク深い辛味ペーストのサンバルを混ぜて食べる南国の味。チキンライスは鶏スープで炊いた旨みたっぷりのご飯がチキンによく合います。

 マレーシアで人気の軽食ロティチャナイ。このごはん祭りでは、タイで修業した日本人女性の手作りロティが登場。

 生地作りには技と手間とがかかるので、日本ではなかなか食べられない貴重な味。タイで人気の甘いココナッツロティもうまうまです! 

 そして華人系マレーシア人のソウルフード、豚の漢方スープバクテーもお見逃しなく。滋養強壮や夏バテ防止に効果があるといわれる漢方を多用し、ことことじっくり豚肉を煮込んだもの。

カリー麺に米麺の焼きそばやみつき覚悟の名物麺が登場

 マレーシア、じつは麺天国でもあります。昨年好評を博したスパイス香るカリー麺が今年も登場。カレースープはココナッツミルク入りで辛さはマイルド。

 さらに今年初登場の麺が2種も! 

 もちっとした食感にハマる米麺を使った焼きそば、チャー・クイティオ。揚げた煮干し、卵、青菜など具だくさんのあえ麺、パンミー・ドライ。どちらも現地で人気の料理です。

 さらに、CNNが世界一おいしいと評したルンダン、子ども向けに辛くないナシゴレン、具だくさんかき氷アイスカチャンなど、この連載で紹介したマレーシア料理も続々登場します。

1/2ページ

最終更新:8/23(金) 12:50
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2019年10月号
9月6日発売

特別定価840円(税込)

秋の夜長にきれいになる。

瀬戸康史/明日、どんなメイクする?
私の好きな韓国紹介します! etc

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事