ここから本文です

まずは敵を知ることから! ぽっこりお腹の原因をチェック。

8/23(金) 21:02配信

クロワッサンオンライン

お腹が出る原因は4つに大別されます。やみくもに痩せようとする前に、自分のぽっこりの原因を知って効率的にお腹を凹ませましょう。

ーーー

昔から体形が変わらない、なんて羨ましい人もいるだろうが、中高年になり、どうも身体のライン、特にお腹まわりがゆるんできたと感じる人は多いはず。医師の田路めぐみさんによると、

「女性は40代以降、ホルモンバランスの変化で代謝が落ちるので、若い頃と同じ勢いで食べていては明らかにカロリーオーバー。その余剰分を女性は皮下脂肪として蓄える傾向にあります。閉経後、皮下脂肪から必要なホルモンをつくるための準備なのでしょうね。ちなみに、男性は余剰を内臓脂肪として臓器周辺に蓄えますが、女性も閉経後は内臓にも脂肪がつきやすくなります。皮下脂肪は特に下腹と腰まわりにつくので、お腹ぽっこり状態になってしまうんです」

先にも述べたホルモンバランスの変化は年齢によるもので避けて通ることはできない。さらに、50代の閉経のタイミングでさらにもう1段階ガクッと代謝が下がってしまう。とはいえ、

「あきらめてはいけません。早めに手を打つにこしたことはありませんが、歳を重ねてからのリカバリーも可能」

そこで、ぽっこりの4原因のうち、どの傾向が強いかを確認。ただし全ては複合的につながっている。該当が少なくとも油断せず、改善していこう。

あてはまる項目の多いものから改善していきましょう。チェックその1

□重い荷物を持つことが多い。
□無理な姿勢で作業することが多い。
□脚を組んで座ることが多い。
□バッグはいつも決まった側にかける。
□肩こりや腰痛がひどい。
□身体がかたい。

チェックのついた人は…▼

【姿勢】に問題あり!

骨格、骨盤のゆがみで下腹に力が入らず、よりぽっこり。

「猫背の人は、頭と下腹が前方に出っ張った状態になっていますが、これではお腹まわりに力が入らず、筋肉をきちんと使えません」

すると脂肪はゆるんだお腹にたまり、ぽっこりぶよぶよが加速。

「猫背に限らず、姿勢が悪いと無理な体勢で作業せざるを得ず、すると少しでもラクになるように脚を組んだりする。そのようなクセで身体はますますゆがみ、血流も悪くなる。たとえ運動をしても効果が出にくくなるのです」

痩せたいなら、ますは姿勢を正し、ゆがみを解消することから。それは、骨盤についても同様。

「身体の土台である骨盤が倒れていると内臓を支えきれず、胃腸が下垂、結果、お腹ぽっこりに」

自分の身体は自力で支える! そんな意識が必要だ。

1/3ページ

最終更新:8/23(金) 21:02
クロワッサンオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事