ここから本文です

【素朴なギモン】ギザ10って今どのくらい価値があるの?

8/23(金) 12:10配信

ハルメクWEB

側面にギザギザの溝を加工した10円硬貨は価値が高いの!?

お財布の小銭を整理していたら、懐かしの「ギザ10」が紛れ込んでいました! ギザ10とは、側面にギザギザの溝を加工した10円硬貨のことです。ワタシが小学生の頃、「ギザ10は珍しいから高値で買い取ってもらえる!」と話題になり、大人も子どもも、家中の10円玉をチェックしたものです……。

高値って、具体的な金額はいくらかしら? 10円以上の価値があるはずのギザ10について、今更ですが調べてみました。ついでに、家族のギザ10もチェックしてみなくちゃ(ワクワクしてきたわ)。

ギザ10と呼ばれる10円硬貨が製造されたのは、1951年から1958年の8年間のうち、製造されなかった1956年を除く7年間です。


造幣局によると、1951年当時の最高額面の硬貨が10円だったため、装飾としてギザギザの溝をつけましたが、1957年に100円硬貨が発行されると区別がむずかしくなり、ギザを消したのだそうです。そして、この7年間に発行されたギザ10の枚数には、バラツキがあります。 

1951年(昭和26年) 1億106万8,000枚
1952年(昭和27年) 4億8663万2,000枚
1953年(昭和28年) 4億6630万枚
1954年(昭和29年) 5億2090万枚 
1955年(昭和30年) 1億2310万枚
1957年(昭和32年)   5000万枚
1958年(昭和33年)   2500万枚


もうおわかりですね! 価値のあるギザ10の条件は、発行枚数が少ない1957年と1958年に製造された硬貨ということになります。ただ、残念ながら、買い取りの専門業者が高値をつけるには、もうひとつ条件があるんですって。

それは、ギザ10が未使用か、使用済みだとしても美品であること! 2018年度日本貨幣商協同組合の鑑定によると、使用済みで変色やスレのあるギザ10は、希少価値が高いとされる1957年のものでも80円、1958年のものでも100円程度にしかならないようです。その他は、1951年が50円、その他は額面通りの10円です。


なーんだその程度か……とガッカリするのはまだ早い! もし、1958年のギザ10が未使用だったとしたら、5万円以上で買い取りしてもらえるそうです。一番発行数が多い1954年のギザ10でさえ、2万円以上で取り引きされています。


ちなみに、未使用の硬貨とは「一度も流通していない」という意味らしいのですが、そんなもの一体どうやって手に入れるの? と気になったので調べてみると、造幣局が未使用の貨幣をセットで販売していました(商売上手!?)。


ギザ10を見つけるのは無理でも、今から未使用でピカピカの硬貨を手に入れて、子どもたちに残すのもいいかも……なんて夢みるワタシです。

ギザ10のギザは何本?

ギザ10のギザは何本? 答えは132本です!

イラスト:飛田冬子 文:ハルメクWEB編集部

最終更新:8/23(金) 12:10
ハルメクWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事