ここから本文です

恋愛の教祖・DJあおいさんに質問「旦那が冷たい!結婚したら甘い関係は無理?」【アラサー女子の恋のお悩み相談vol.3】

8/23(金) 16:30配信

HOLICS

Twitterで綴った独自の恋愛観が多くの女性に刺さり、36万人以上のフォロワーをもつ謎の主婦“DJあおいさん”。新著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せになれないってことよ。』(幻冬舎文庫)を発売したばかりのDJあおいさんへ、アラサー・HOLICS世代の女性のリアルなお悩みをぶつけました!

【イラスト】結婚したら“甘い関係”は諦めるべき?

Q.結婚してから旦那の態度がすっかり変わりました。甘い関係は諦めるべきでしょうか?

「結婚して1年が経ち、旦那の態度がすっかり変わってしまいました。付き合っているときは仲が良かったのですが、現在共働きで、私も彼も残業がよくある職場なので、平日の夜に一緒にご飯を食べることもあまりありません。せめて土日はと思い、ふたりの会話を楽しもうといろいろと話題を作るのですが、生返事ばかりなのです。私が“冷たい”“もっとちゃんとコミュニケーションしたい”と言うと、“結婚していつまでもベタベタしているなんて無理に決まっているだろう” と言われてしまいます。そういうものなのでしょうか? 甘い関係は諦めて、家族としての関係に切り替えた方がいいでしょうか?」(31歳・IT勤務)

A.恋愛は家族になるための通過点。今は家族としての愛が必要

あなたと彼は恋人ではなく家族になったのです。家庭はそんな家族が一緒に生活をする場なので、そこには恋愛のような甘いトキメキはもう必要ないんですよ。

家族になれば甘い関係でなくなるのは当たり前

お互い忙しくてもコミュニケーションさえとれていれば、不安に感じないですよね。食事は会話をするためのツールなので、食事を一緒にとれないことはそこまで重要ではありません。問題は会話です。

夫婦でなくても、「私が話していても、彼の反応が薄くて聞いていてくれているのかわからない」という女性は多いです。

男性は、目的のない話題はあまり得意ではないようです。何気ない会話の中でも常に着地点を探しているのが男性だったりします。一方女性は、会話自体にあまり目的を求めません。「今日会社でこんなことがあって?」や「友達の●●が言ってたんだけど?」というような話を彼にしていませんか?
つい彼に共感を求めようとしますが、男性は共感以外は受け付けないような会話に戸惑うだけです。

恋愛をしているときは弾んでいた会話も、家族になった今するべき話は、恋人の頃にしていたような話題ではないのかもしれません。会話の基本は「引き出し合い」ですから、まずは彼にフォーカスした話題を選ぶように心がけてみてはいかがでしょうか。

そもそも恋愛というものは、赤の他人が家族になるためのプロセスに過ぎません。もうあなたと彼はそこを通り過ぎ家族になったのですから、恋人同士の頃のような甘い関係でなくなることはとても自然なことなんですよ。

1/2ページ

最終更新:8/23(金) 16:30
HOLICS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

HOLICS(ホリックス)

株式会社DKMedia

世の中にあふれる情報を偏愛者目線で
深掘り&再編集するのがHOLICS。
次にハマれる「好き!」を探している、
すべての女性のためのメディアです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事