ここから本文です

iPhoneをパスワードいらずにする新しい「YubiKey」が発売

8/23(金) 12:17配信

WIRED.jp

さまざまな認証用ドングルがあるなかでも、物理的な二要素認証の代表格といえるのが「YubiKey」だろう。これまでアップルのiPhoneには対応していなかったが、この8月20日(米国時間)にようやく利用可能になった。YubiKeyの開発元であるスウェーデンのセキュリティ企業Yubicoが、iPhoneとiPadのLightning端子に初めて対応した「YubiKey 5Ci」を発売したのだ。多くの人が待ちに待っていた瞬間といえよう。

パソコンに差す「新しい鍵」が、パスワードを時代遅れにする

今年1月に発表されたLightning対応YubiKeyは、1年以上かけて開発が進められてきた。まず最初にYubicoは、アップルがLightning対応デヴァイスを認定する「MFi認証」を受ける必要があった。この認証を受けて初めて開発をスタートさせ、外部の開発者との連携を進めることができる。

この70ドル(約7,500円)のドングルの片側にはLightning端子、反対側にはUSB-C端子が付いている。これによってiPhoneとiPadだけでなく、MacBookシリーズなどUSB-C端子を備えた端末でも動作する。これまでYubicoは、iOS端末に対応した製品を用意してこなかった。このため、他社製品も含む選択肢はBluetoothを利用した認証用ドングルだけだったが、誤作動しがちで充電が必要という課題を抱えていた。

OSレヴェルでの制約

そしてようやく、Lightning端子に対応したYubiKeyが、アップルのお墨付きを得て登場した。ところがアップルは、まだFIDO2方式(パスワードを使わずにハードウェアキーを差すだけでオンラインアカウントにアクセスできるオープンソース規格)を標準サポートしていない。つまり、iOSでYubiKeyが自動的に認証トークンとして動作することはなく、アプリごとに新しいAPIを通して個別に互換性をもたせなければならない。

それでも発売時点から、YubiKeyを「1Password」や「LastPass」といったパスワードマネージャーや、「Okta」のようなシングルサインオンに利用できる。ブラウザーアプリ「Brave」を使えば、このキーを差すだけで多くのウェブサイトへのサインインが可能だ。

新しいYubiKeyの使い方は、従来のYubiKeyとよく似ている。キーをさまざまなサーヴィスとリンクさせたうえで、iPhoneに差し込んで各アプリにログインする。USB-C端子を利用すれば、グーグルの「Pixel」やサムスンの「Galaxy」シリーズといったAndroid端末にも対応する。ただし発売時点では「iPad Pro」のUSB-Cポートでは動作しない。

「ついにアップル製品に対応できて、ありがたく思っています」と、Yubicoの最高経営責任者(CEO)であるスティナ・エレンスヴァードは『WIRED』US版の取材に語っている。「YubiKeyがシームレスに機能し、30億人が利用する二要素認証に役立つことを願っています。必ずしもiOSのSDKが必須というわけではありませんが、アップル製品で機能するには必要になります。いずれにしても、どこからか始めなければならなかったのです」

1/2ページ

最終更新:8/23(金) 12:17
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.34』

コンデナスト・ジャパン

2019年9月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.34「ナラティヴと実装」社会実装の可能性を探るべく、2020年代の実装論を総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事