ここから本文です

ジムニーもランクルも真っ青?? ついに電磁パルスにも対応!! アメリカの超最強市販車は1650万円から

8/23(金) 11:01配信

ベストカーWeb

 アメリカ車といえばかつてのV8エンジンで、排気量5Lをオーバーする大排気量のマッスルカーを想像する人も多いはず。

(画像ギャラリー)史上最強市販車 TANK

 しかし、最近のアメ車はちょっと様子が違う。ビッグ3のような大手メーカーも進化は言わずもがな、中小のベンチャーがリリースする超ド級のクルマたちも脚光を浴びているのだ。

 大量生産は不要だけど、きっと世界にはこんなクルマが欲しい人もいるはず。そんな思いだけで作られた「世界最強」のクルマ「TANK」を紹介しよう。

 なんと電磁パルスにも耐性があるらしいです!!

文:ベストカーWeb編集部/写真:REZVANI

自由な開発がされているアメリカの自動車系ベンチャーの凄さ

 少し前にベストカーWebで紹介したVANDAL One。シビックタイプRのエンジンを搭載して、なおかつ車重は550kg。パワーウェイトレシオはなんとブガッティヴェイロンより高い0.97!!

 そしてナンバーも取れないし、レースもできない。単純にサーキットでたくさん楽しく走ることだけを意識したモデルだった。

 なんて自由な国なんだ!! U・S・A!! ということで隙あらばアメリカのぶっとび車を探すのが趣味の担当。

 今回見つけてきたのがREZVANI(レズヴァニ)のTANK(タンク)。聞きなれない名称だが、創設者フェリス・レズヴァニさんの名前だ。

 このレズヴァニさん、父親が空軍のF-4パイロット。幼き頃に見た父の飛ぶ姿を見て「いつか僕も飛びたい」ではなく「F-4戦闘機に乗ったかのようなGをクルマでみんなに体感させてあげたい」と思ったそう。こりゃ大物だ。

 そのコンセプトもあり元々はスポーティなBEAST(ビースト)というぶっ飛び車を作っていたレズヴァニ社。アメ車ならV8と思いきや、なんとホンダの直4エンジンをベースに500hpまでパワーアップ。

 オーナーの維持費負担を考えた結果だといい、経済性にも富んだスーパースポーツだったのです。パフォーマンスも一線級。

 0-96km/h加速は2.7秒。車重750kgの軽さもあって、これまた凄いクルマだったと一部のマニアから称賛されたのです。

 そんなレズヴァニが近年力を入れているのが4WDのオフローダー。TANK(戦車)と命名されたそのクルマは2017年にデビューしており、今回が2代目になる。

 なんと核爆発後の電磁パルスにも対応しているといい、きっと世界最強の市販SUVだ。いや、SUVではなく装甲車に近いかも??

 詳細を見ていこう!!

1/2ページ

最終更新:8/23(金) 13:11
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事