ここから本文です

【K-1】皇治と大岩龍矢が計量パス、皇治は握手を拒否。ライト級王者・林健太のみオーバーで再計量

8/23(金) 13:44配信

ゴング格闘技

2019年8月24日(土)エディオンアリーナ大阪『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイト in 大阪~』の前日計量が、23日(金)大阪府内にて13:00より行われた。

【写真】昨年12月もメインで武尊と対戦した皇治

 メインイベントで対戦する、皇治(TEAM ONE)はリミットちょうどの60.0kg、対する大岩龍矢(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)はトレードマークのチェーンを首に巻き付けたまま59.9kgで計量をパスした。

 計量後、フェイスオフで向き合った両者。撮影のためカメラマンが正面を向くことを指示したが皇治は大岩を睨みつけたまま。大岩は握手を求めたが皇治はそれに応えず睨んだままで、大岩は苦笑いした。

 続いてセミファイナルの第11試合に出場する、K-1 WORLD GPライト級王者・林健太(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/FSG)が計量に臨んだが63.0kgでライト級リミットの62.5kgを500グラムオーバー。林は意外そうな表情を浮かべてその場で下着を脱いで再計量したが、これも62.85kgで350グラムオーバー。最終計量時間の15:30でのパスを目指すこととなった。対戦相手のIFMA欧州ライト級王者デニス・デミルカプ(トルコ)は61.8kgでパスしている。(※林は14:09に再計量して62.1kgでパスした)

 あとは全選手が計量をパスし、明日の決戦へ臨むこととなった。

<計量結果>

▼第12試合 スペシャル・スーパーファイトin大阪 K-1スーパー・フェザー級(-60.0kg) 3分3R・延長1R
皇治(TEAM ONE/K-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント第3位)=60.0kg
大岩龍矢(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)=59.9kg

▼第11試合 日本vs世界・5対5 K-1ライト級(-62.5kg) 3分3R・延長1R
林 健太(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/FSG/K-1 WORLD GPライト級王者)=63.0kg→62.1kg
デニス・デミルカプ(トルコ/IFMA欧州ライト級王者)=61.8kg

▼第10試合 日本vs世界・5対5 K-1ウェルター級(-67.5kg) 3分3R・延長1R
野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第2代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者)=67.5kg
サミ・ラミリ(スイス/Mejiro Gym Amsterdam)=67.2kg

▼第9試合 日本vs世界・5対5 -68kg契約 3分3R・延長1R
大泉 翔(昇龍會/2014年プロボクシング西日本新人王)=67.9kg
木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス/K-1 KRUSH FIGHTウェルター級王者)=68.0kg

▼第8試合 日本vs世界・5対5 K-1スーパー・ウェルター級(-70.0kg) 3分3R・延長1R
城戸康裕(谷山ジム/K-1 WORLD MAX2008日本トーナメント王者)=70.0kg
アントニオ・ゴメス(スペイン/MTK Marbella/WKU世界スーパー・ウェルター級王者)=69.6kg

▼第7試合 日本vs世界・5対5 K-1クルーザー級(-90.0kg) 3分3R・延長1R
愛鷹 亮(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/Bigbangヘビー級王者)=89.9kg
シナ・カリミアン(イラン/WSRフェアテックス・イラン/K-1 WORLD GPクルーザー級王者)=89.9kg

▼第6試合 スーパーファイト K-1スーパー・ライト級(-65.0kg) 3分3R・延長1R
山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第4代Krushスーパー・ライト級王者、第3代Krushライト級王者)=65.0kg
平山 迅(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)=65.0kg

▼第5試合 スーパーファイト K-1スーパー・ライト級(-65.0kg) 3分3R・延長1R
大和哲也(大和ジム/元WBCムエタイ世界スーパー・ライト級王者)=64.9kg
近藤拳成(大成会館/K-1甲子園2016 -65kg王者)=64.8kg

▼第4試合 スーパーファイト K-1ライト級(-62.5kg) 3分3R・延長1R
篠原悠人(DURGA/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級王者)=62.4kg
川崎真一朗(月心会ラスカルジム)=62.5kg

▼第3試合 スーパーファイト K-1ウェルター級(-67.5kg) 3分3R・延長1R
松岡 力(K-1ジム五反田チームキングス)=67.5kg
近藤魁成(大成会館/K-1甲子園2017・2018 -65kg王者)=67.4kg

▼第2試合 スーパーファイト K-1スーパー・バンタム級(-55.0kg) 3分3R・延長1R
椿原龍矢(月心会チーム侍/K-1甲子園2017 -55kg王者)=54.9kg
蒼士(昇龍會)=55.0kg

▼第1試合 スーパーファイト K-1女子-52kg契約 3分3R・延長1R
KANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ/第2代・第4代Krush女子フライ級王者)=52.0kg
真優(月心会チーム侍)=51.7kg

▼プレリミナリーファイト第3試合 K-1フェザー級(-57.5kg) 3分3R
新美貴士(名古屋JKファクトリー)=57.4kg
斗麗(WIZARDキックボクシングジム)=57.4kg

▼プレリミナリーファイト第2試合 -53kg契約 3分3R
黒田斗真(隆拳塾)=52.9kg
野田 蒼(月心会チーム侍)=53.0kg

▼プレリミナリーファイト第1試合 K-1ライト級(-62.5kg) 3分3R
SEIYA(MAD MAX GYM)=62.5kg
鈴輝勇太(team ALL-WIN)=62.5kg

最終更新:8/23(金) 20:32
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事