ここから本文です

【MMA】エディー・ジョーンズHCがエール。ラグビー元イングランド代表がBellatorと契約。UFCでは銀メダリストが同日契約発表も

8/23(金) 17:02配信

ゴング格闘技

Bellator MMAがラグビーで元イングランド代表のジェームス・ハスケルと契約したことを8月22日、発表。同日、UFCは2016年リオデジャネイロ五輪グレコローマンレスリング男子75kg級銀メダリストのマーク・マセンと契約したことを発表した。

【写真】ラグビー時代には『TIMES』紙で特写も

34歳のハスケルはイングランドで77キャップ(国代表戦での出場試合数)を獲得したナンバー8。過去2回のワールドカップでプレーし、2016年の「シックス・ネーションズ」(イングランド・スコットランド・ウェールズ・アイルランド・フランス・イタリアの対抗戦)ではエディー・ジョーンズ ヘッドコーチのもと、イングランドのフランカーとして13年ぶりのグランドスラム(全勝優勝)に貢献している。

2011年には日本のトップリーグであるリコーブラックラムズでも活躍した経験を持つハスケルは、キャリアの後期には地元ノーサンプトン・セインツでフランカーとして活躍するも、昨シーズンのプレー中に足首とつま先を負傷、ランプレーに影響があるとして、5月に17年間のプロとしてのキャリアを終えて引退することを決めていた。

もともとラグビーのトレーニングの一環として、MMAの練習をこの10年ほど採り入れていたハスケルは、名門ロンドンシューターファイターズジムでBellatorファイターのマイケル・ペイジらと練習を積んでおり、「BT Sports」のMMA番組の解説を務めた経験もある。ラグビー時代のインタビューでは、「MMAの練習で強さと持久力をつけ、ラグビーのピッチで相手をコントロールするのに役立った」と現地メディアに語っている。

サークルケージでのデビューは2020年前半とされており、Bellatorが展開する欧州シリーズ中のイングランド大会でヘビー級での挑戦が予想されている。

ラグビー時代はバックローとして、ハードワークを厭わなかったハスケルは34歳のMMAデビューでどこまで戦えるか。イングランド代表として薔薇のエンブレムを胸に刻み続けてきた男にとっても、ケージの中に入れば、ただのルーキーだ。

これまでラグビー経験のあるMMAファイターで最も活躍した選手は、マーク・ハントか。しかし、ラグビー発祥の地で77キャップを持つ代表選手がMMA転向は異例のこと。アイルランド代表として活躍し、RIZINにも参戦したブレット・マクダーミットがMMA8勝5敗の戦績を持つが、アマチュアで5戦(4勝1敗)の経験を積んでのプロデビューだった。

コンタクトスポーツではあるが、レスリングとは異なる走り込んでドライブしてのタックルは、MMAでどう活きるか。NFLまで広げてみれば、カロライナ・パンサーズやダラス・カウボーイズでディフェンシブエンドとして活躍した“問題児”グレッグ・ハーディが現在、プロMMA5勝1敗。UFCで2勝1敗と活躍中だが、アマチュアでも3戦3勝のキャリアを積み、ダナ・ホワイトUFC代表が新たな才能を発掘する企画「チューズデーナイト・コンテンダーズ・シリーズ」を勝ち上がってオクタゴンデビューを果たしている。

MMAトレーニングのキャリアは長いが、練習と試合は別物。“飛び級”でのハスケルの三十路過ぎのBellatorデビューはどんな結果になるか。そしてその後の取り組みに元イングランド代表のMMAへの本気度が見えてくるだろう。

2016年の「シックス・ネーションズ」では、ハスケルを本職の6番から全試合スタメンの7番(オープンサイド)で起用したエディー・ジョーンズ(元日本代表ヘッドコーチ、イングランド代表初となる外国人ヘッドコーチ)は、協会での会見でハスケルのMMA転向について問われ、「彼は想像力に富んでるね。彼が活躍していて僕たちはとても嬉しい。我々にとっては偉大なサーバント(奉仕者)で、2016年の我々のグランドスラムに大いに貢献してくれた」とこれまでの実績を評価。さらに、「イングランドで70あまりの代表プレイヤーとして優れていた彼が、新天地を見つけたことは、その結果がどうなるかはさておき喜ばしいし、当然チケットを買って最初の試合を見に行きたいと思ってたけど、私はすでにオーダーされていたので、リングサイドで、彼の血を浴びないで済むことを祈ってるよ」と現地観戦を約束し、エールを送っている。

1/2ページ

最終更新:8/23(金) 23:34
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事