ここから本文です

【DEEP】芦田崇宏vs長倉立尚、RIZIN帰りの武田光司も出場=10.22 後楽園

8/23(金) 23:20配信

ゴング格闘技

10月22日(火・祝)、東京・後楽園ホールにて「DEEP 92 IMPACT」の開催が決定。第1弾決定カードとして、フェザー級で芦田崇宏(BRAVE/元王者)vs 長倉立尚(フリー)、フライ級でランボー宏輔(パラエストラ千葉)vs 島袋チカラ(CORE王子豊島)が発表された。また、武田光司(BRAVE/DEEPライト級王者)の出場も決定している。

【写真】同日の昼大会では、RIZINで敗れたKINGレイナと前澤智がそれぞれ再起戦に臨む

第8代DEEPフェザー級王者の芦田は、2018年に2度、弥益ドミネーター聡志に敗れ王座陥落。2019年3月の「BRAVE FIGHT 18 x GRACHAN 39」で崎山勲に判定勝ちし、再起を果たしている。

今回の長倉立尚との対戦決定に、「長倉選手は僕がデビューした時から本線で戦っていた選手です。今後もそんな選手をどんどん超えていきます。漢(おとこ)くさい戦いしましょう」と真っ向勝負を宣言。さらにラグビー出身の長倉に対し、リーチ・マイケルとも交流のある芦田は「ちなみにも僕もハカ踊れます」と、対抗意識を燃やしている。

対する長倉は2017年以降は、Rebel FCでホドルフォ・マルケスにサッカーボールキックで反則負け、DEEPでジョイ・ボーイにジャンピング左ジャブでKO勝ち。ロバート・ワスティグにサッカーキックでKO勝ちと対海外勢相手には2勝1敗と勝ち越したものの、2018年12月の大原樹里戦ではヒジ打ちを浴び、カットによりTKO負け。今回が再起戦となる。長倉は主催者を通じて、「試合当日を楽しみにしてます」と、簡潔に意気込みを表した。

また、DEEPフライ級では、2017年から1勝4敗と負けが先行しているランボー宏輔と、2017年から2勝2敗2分1NCと五分の戦績の島袋チカラが対戦する。ランボーは6月の前戦で鮎田直人にスプリット判定負け。島袋は7月に韓国のオ・ヒョプチャンのヒザ蹴りに1R TKO負けを喫しており、連戦で復活を期す。

さらに、現DEEPライト級王者の武田光司の参戦も決定。2019年4月の「RIZIN.15」では元UFCファイターのダミアン・ブラウンを相手に体調不良もあり判定負けでキャリア初黒星を喫した武田だが、今回は1年ぶりにDEEPに戻り、再起を誓う。

◆武田光司「あの(RIZINでの)試合は僕の本当の実力ではない」

「BRAVEGYMの武田です。今回DEEP参戦させて頂くことになりました。4月にRIZINに出させて頂きましたが負けてしまいました。あの試合は本当の僕の実力ではないって事を今回のDEEPでお見せ出来ればと思います。相手はまだ分からないですが、誰と戦うにしてもベルトは守り抜きたいと思います。王者としてではなく挑戦者としての気持ちで試合をします」

なお、10月22日「DEEP 92 IMPACT」後楽園ホール大会のチケットは8月24日(土)から発売となる。

◆DEEP 92 IMPACT
2019年10月22日(火・祝)後楽園ホール
開場17:30 開始17:45

▼DEEPフェザー級 5分3R
芦田崇宏(BRAVE)
長倉立尚(フリー)

▼DEEPフライ級 5分2R
ランボー宏輔(パラエストラ千葉)
島袋チカラ(CORE王子豊島)

【出場決定選手】
武田光司(BRAVE)※現DEEPライト級王者

最終更新:8/23(金) 23:20
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事