ここから本文です

私たちは「日本は先進国である」という概念を、一度捨てねばならないのではないか

8/23(金) 5:30配信

文春オンライン

日本はもう限界だよ

「欲しがりません、勝つまでは」と、戦後70年以上経ってもとかく「忍耐」を強いられる国、ニッポン。体罰とか、根性論とか、腹を痛めて産んだ子じゃないと愛せないとか、「日本って本当に先進国なんだっけ」という部分が多いものの、次世代を担う者たちがここで心折れずに踏ん張って、改革の緊急性をしつこく唱えていかなければ、そのうち老人から子どもまで全員共倒れするのは目に見えているので、とにかくみなさん、ぜひ選挙に行ってください。

 もともと真面目で勤勉な気質なところは素晴らしい長所であると思うのですが、私を含め日本の人たちは、人にも自分にももっと寛容であればいいのに、と感じることが増えました。自分たちが我慢しているから、してきたから人にも我慢を強要するのではなく、「みんなが我慢しなくていい社会」を目指さなければ、日本はもう限界だと思うのです。

吉川 ばんび

4/4ページ

最終更新:8/23(金) 5:30
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事