ここから本文です

ブロックハンプトン独占取材「俺たちはブラザー、壁にぶち当たってる人々の味方」

8/23(金) 18:30配信

Rolling Stone Japan

サマーソニック出演のため初来日したブロックハンプトンに、Rolling Stone Japanが本邦独占インタビューを実施。ラップシーンの最先端を切り拓く新世代クリエイティブ集団の素顔に迫った。聞き手を務めたのは元クロスビート編集部で、現在はブロックハンプトンの情報を日々発信し続ける音楽ライターの中嶋友理。

写真3点|ブロックハンプトン独占取材「俺たちはブラザー、壁にぶち当たってる人々の味方」

今最も勢いに乗っていると言っても過言ではないアメリカ発のヒップホップクルー、ブロックハンプトン。彼らはステージに上がる6人だけでなく、プロデューサー陣や衣装デザイナー、カメラマンやビデオ制作メンバーまでを含めた、完全DIYの大所帯グループだ。

そんな出自でありながら、彼らは「ワン・ダイレクション以来最高のボーイ・バンド」を自称し、本格派ヒップホップクルーとして評価されることよりも、現代アメリカの多様性を体現するアイドルとして見られることを好んでいる。リーダーであるケヴィン・アブストラクトはゲイであることを公表しているし、メンバーの出身国はアメリカのみならずアイルランドやガーナ、グレナダと多岐にわたる。肌の色も違えば育ってきたバックグラウンドも違うメンバーたちが集うアート集団、それがブロックハンプトンだ。

2017年、1年間で連続リリースしたアルバム『SATURATION』『SATURATION Ⅱ』『SATURATION Ⅲ』で高評価を受けた彼らは、2018年にメジャーと契約し4作目のアルバム『iridescence』を発表。本国アメリカでチャート1位を達成したばかりか、イギリスやオーストラリアなどでもファンが爆増し、フェスに出演すればあまりの盛り上がりに安全のためライブが途中終了するなど、その人気はうなぎ登り。日本でも来日を望む声が高まっていたが、それがようやく叶ったのが2019年のサマーソニックと、それに先駆けた単独公演だ。

2019年8月15日(木)に開催された新木場スタジオコーストの単独公演は、予想に反して寂しい客入りではあった。しかし会場に集ったのは、サマソニまで待ちきれないという筋金入りのファンたちである。歌詞や合唱ポイントを予習し、絶対に今日のライブを盛り上げるんだという気迫に満ちた観客ばかりだった。

1曲目の「I Been Born Again」はこの日が世界初のライブ・パフォーマンスだったにもかかわらず、クライマックスのマット・チャンピオンのパートでは観客の熱狂が大爆発。続く定番曲「Gold」ではケヴィンのコーラスを観客が大合唱で完璧に歌い切り、メンバーたちも驚きと喜びに目を見開いていた様子だった。最前列とステージの距離が近い会場ならではのコミュニケーションもたくさん生まれ、メンバーは何度も客席に手を伸ばし、ファンのひとりひとりと視線を交わすようにパフォーマンスしてくれた。本国での人気度を考えると、こんな距離と親密な空気感で彼らのライブを味わうことができた新木場の観客は、まさに役得だったと言えよう。

対してサマーソニックのステージでは、これまで数々の大舞台を踏んできたライブアクトとしての実力を十二分に発揮したパフォーマンスを見せてくれた。日本での3公演(単独公演、サマソニ大阪、サマソニ東京)のうち一番動員も大きく盛り上がったこの日はやはりメンバーも精神的に燃えたようで、特に「J’ouvert」でのジョバのソロ・パートは鬼気迫るものがあった。またドム・マクレノンは「Star」でステージを降り、客席に突入してスキルフルな高速ラップを披露。幾度となく巨大なモッシュピットも生まれ、最後は「Boogie」による熱狂で幕を下ろした。

このインタビューはサマソニ東京の出番前にプレスエリアで行なわれたものだ。常にチームで行動することを重んじている彼らは、なんとインタビューにも12人が揃って登場。筆者もこれまで数々のアーティストを取材してきたが、間違いなく史上最多人数である。ここでは本日8月23日(金)にリリースされた新作『Ginger』についてと、彼らが愛する日本のポップカルチャーについて聞いた。本題に入る前に、取材に参加してくれたメンバーを先に紹介しておこう。


●立ってるメンバー(左から)
ドム・マクレノン/パフォーマー、ケヴィン・アブストラクト/パフォーマー、ロバート・オンテニエント/webデザイナー、ジョバ/パフォーマー、ジャバリ・マンワ/プロデューサー、マット・チャンピオン/パフォーマー

●座ってるメンバー(後列左から)
キコ・マーリー/プロデューサー、ジョン・ヌネス/マネージメント、HK/クリエイティブディレクター、ベアフェイス/パフォーマー

●座ってるメンバー(前列左から)
ロミル・ヘムナニ/プロデューサー、マーリン・ウッド/パフォーマー

1/3ページ

最終更新:8/23(金) 18:30
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事