ここから本文です

友達を見たら、つないだ手を恥ずかしくてほどく息子の漫画 ママへの言葉が「いとしい」

8/23(金) 7:10配信

オトナンサー

 息子が友達の前で取った行動を描いた漫画がSNS上で話題となっています。友達と公園で遊ぶ約束をしていた小学2年生の息子。母が同伴して公園に到着しますが、友達の姿が目に入ると恥ずかしさからある行動に…という内容で「キュンキュンする」「いとしい」「うちも同じようなことがありました」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

【漫画】本編を読む

息子の成長に喜びと寂しさ

 この漫画を描いたのは、漫画家の枇杷かな子さん(ペンネーム)さんです。ツイッターやインスタグラムでエッセー漫画を発表する他、LINEスタンプ(変顔キッズ)などを手がけています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

枇杷さん「小さい頃から、絵を描くことと漫画が好きで、自然と描くようになりました。7年ほど前に商業誌でデビューし、その後、読み切りを掲載していただきました。約1年前から子育てエッセーをSNSで発表し始めました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

枇杷さん「息子の反応がとてもかわいくて、このエピソードを忘れたくないと思い、描きました」

Q.手を払われたとき、どのような気持ちでしたか。

枇杷さん「『息子の心も成長しているんだな』と思いましたが、寂しさもありました」

Q.帰宅後、息子さんを抱きしめましたか。

枇杷さん「抱きしめましたが、すぐに逃げられました」

Q.これ以降、外ではあまり手をつながなくなったのでしょうか。

枇杷さん「公園や学校付近ではあまりつながないようにしたり、つなぐときも周りに友達がいないか確認しています」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

枇杷さん「『キュンキュンした』『私も抱きしめたい!』など、うれしいコメントを頂きました」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

枇杷さん「育児や日々の暮らし、私の幼少期の思い出など、感動したことや忘れられないことを漫画で表現していきたいです」

オトナンサー編集部

最終更新:8/23(金) 14:30
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

「ライフ」「漫画」「エンタメ」の3カテゴリーで、暮らしに話題と気づきをお届け!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事