ここから本文です

【J1展望】磐田×C大阪|スペイン人新監督の下、新生ジュビロは初陣で浮上のきっかけを掴めるか?

8/23(金) 18:59配信

SOCCER DIGEST Web

磐田――メインシステムは4バック。攻撃的なサッカーを標榜

J1リーグ24節
ジュビロ磐田 - セレッソ大阪
8月24日(土)/19:00/ヤマハスタジアム
 
ジュビロ磐田
今季成績(23節終了時):18位 勝点18 4勝6分13敗 18得点・32失点
 
【最新チーム事情】
●新監督に若きスペイン人指導者フェルナンド・フベロ氏が就任。
●エレンが契約解除により退団。
●前節G大阪戦でルキアンがレッドカードで退場。今節は出場停止。
 
【担当記者の視点】
新監督は、パラグアイリーグで4チームを率いた経験を持つ気鋭のスペイン人指導者フベロ氏に決まった。コーチのダニエル・ルビエルとともにG大阪戦を視察したフベロ氏は、そのまま20日に磐田での記者会見に臨み、「ジュビロがいるべき位置に順位を必ず上げたい」と、残留に向け抱負と自信を語った。
 
 フベロ監督は4バックをメインシステムとし、ハードワークと前への意識に富んだ攻撃的なサッカーを標榜。規律のある全員守備も特長だ。「チームをしっかり分析し、改善点を見つけて練習に取り組みたい。攻撃姿勢を失うことなく、バランスの良い攻守を強化していきたい」と監督。今週は非公開練習を重ねて選手の特長の把握や相手チームの分析など、C大阪戦への準備を急いでいる。
 
 これまでの布陣を踏襲するのか、それとも前体制とは違ったメンバー構成となるのか。未知数な部分が多いが、チームをフラットに見る視線のもとで新たな競争が生まれることは確か。初陣に勝利すれば、新しいチームづくりを進める大きな力となる。

【サポ―ター必見】カメラマンが厳選するJ1第23節の"ベストショット"ギャラリー!

C大阪――出場停止明けのデサバトがスタメン復帰の可能性も

J1リーグ24節
ジュビロ磐田 - セレッソ大阪
8月24日(土)/19:00/ヤマハスタジアム
 
セレッソ大阪
今季成績(23節終了時):7位 勝点34 10勝4分9敗 23得点・18失点
 
【最新チーム事情】
●前節の横浜戦では2-1でリーグ4試合ぶりの白星。連敗を「2」でストップ。
●出場停止明けのデサバトが先発出場する可能性もある。
●ソウザや柿谷、新加入の鈴木は引き続き、切り札としてベンチスタートか。
 
【担当記者の視点】
 アウェーに乗り込んだ前節の横浜戦では、一度は同点に追いつかれながらも2-1で勝利。リーグ4試合ぶりの白星を飾り、リーグ戦の連敗を「2」で止めた。最近は接戦で勝ち切れない試合が多かったが、終盤に粘り強く守り切れたのが大きかった。

 横浜戦からスタメンの変更があるなら、中盤か。出場停止明けのデサバトがダブルボランチの一角に入る可能性がある。横浜戦で決勝点をアシストしたソウザ、途中出場でC大阪デビューを飾った鈴木らは、引き続きスーパーサブとしてベンチ待機になることが見込まれる。
 
 豊富な切り札の存在に加え、最近は徐々に得点パターンも増えている印象だ。リーグ最下位の磐田をきっちりと叩いて、上位争いに割り込みたい。

最終更新:8/23(金) 18:59
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事