ここから本文です

北海道の短過ぎる夏を謳歌するエゾシマリス! 花畑で水分補給中

8/23(金) 21:00配信

現代ビジネス

9月には初雪が降るので、今のうちに!

 高山植物のエゾノツガザクラの花を食べるエゾシマリスです。

 エゾノツガザクラはツツジ科の高山植物で、7~8月に濃いピンク色の壷状の花を下向きに咲かせます。

激かわリスを大特集!

 シマリスは、花の根元の蜜、もしくは花についた露で水分を補給しています。

 夏場の山はエサが少ないので、虫や葉などを食べ、土に埋めておいた種子や実も掘り起こして食べています。

 花が咲き終わって、種子や実がなり始めると食欲の秋に突入です。

 ところが、北海道は夏だけじゃなくて秋も短くて、高山では、9月中旬になれば初雪が降ります。

 雪が根雪になる前に、エゾシマリスは冬眠します。

 こう考えると、エゾシマリスが外で活動できる期間は本当に短いですね。

 この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから! 

佐藤 圭

最終更新:8/23(金) 21:00
現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事