ここから本文です

八村塁が「そこは大きい」と痛感した世界5位との差 歴代最強の日本に足りないもの

8/23(金) 6:13配信

THE ANSWER

世界ランク5位・アルゼンチンに八村「相手はゲームの勝ち方を知っている」

 バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は22日、W杯(中国)に向けた同5位・アルゼンチンとの強化試合(午後7時試合開始・さいたまスーパーアリーナ)を行い、日本は93-108で敗れた。米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は先発出場し、両軍最多23得点、7リバウンド。世界的強豪と好ゲームを演じたが、八村は勝ちきれなかったチームの課題に「経験値」を挙げた。

【動画】ウィザーズも興奮! 第2Qで炸裂、八村が狙いすましたスティールから豪快なワンハンドダンクを叩き込む実際のシーン

 第1クォーター(Q)開始11秒で八村が先制ゴールを奪うと、直後に豪快ダンクをお見舞い。わずか55秒で別格の存在感を発揮し、ゴール下で絶叫するなどファンを沸かせた。23-30で迎えた第2Q序盤は、素早いボール回しに翻弄されるなど苦戦。3ポイントなど高精度のシュートで差を広げられた。第2Qベンチスタートだった八村がコートに戻ったのは33-46の残り5分19秒。そこから3点差まで追い詰めて前半を終えた。第2Qだけなら30-26。修正を見せた展開に、八村は一定の手応えを得たようだ。

「僕らがディフェンスをゾーンに変えたのもよかったし、足を使ってボールを運んでいた。走って速攻を増やせていたのがよかった。負けている時間帯はこれからも出てくる。そこで僕らが頭を下げないで、冷静に、今日みたいに自分たちでエンジンをどれだけ切り替えられるかが大事だと思う」

 第3Q開始1分過ぎには、日本人2人目のNBAプレーヤー・渡邊雄太(グリズリーズ)のダンクも炸裂した。ここで57-58の1点差。さらに渡邊がミドルレンジから放ったシュートがリングに吸い込まれて逆転し、その後は一進一退の攻防が続いた。最後にリードできたのは、75-74となった残り2分13秒。以降は徐々に差をつけられ、77-83で第3Qを終えた。

 逆転を狙った第4Qだったが、93-99となった残り2分8秒以降、日本は得点できず。最後の2分だけを見れば、0-9と自力の差を見せられての敗北だった。「最後の方に経験の差でパッと獲られた。あっちは決めるところは決めてきて、僕らは全然決めるところで決められなかった」と八村。試合全体のシュート成功率は、日本が39.1%(3点)、55.3%(2点)とし、相手は57.1%(3点)、58.8%(2点)だった。

「相手は気持ちよくやっていたので、僕らも相手に余裕を与えないディフェンスをしないといけないと思う。相手は逆に僕らにやりにくいディフェンスをしてきたので、そういうところは僕らもチームとして上げていかないといけない」

1/2ページ

最終更新:8/23(金) 15:55
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事