ここから本文です

「ショウマのような着地!」 16歳鍵山優真、美3Aの圧巻演技を海外称賛「壮大だった」

8/23(金) 18:03配信

THE ANSWER

冒頭で完璧な3Aを決め、2位に10点差以上をつける首位発進

 フィギュアスケート、ジュニアグランプリ(GP)シリーズ第1戦フランス大会が22日、開幕。男子ショートプログラム(SP)では鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)が80.61点で首位に立った。2位に10点以上の差をつける圧巻のスタートを切った16歳。ノーミスの演技を国際スケート連盟(ISU)が動画で公開。次世代の日本のエース候補に、海外ファンからも称賛が送られている。

【動画】冒頭の3Aは「壮麗」、着地は「ショウマのよう」…海外ファンが続々賛辞を並べた16歳鍵山の圧巻演技

 一人、次元の違うスケーティングだった。冒頭のトリプルアクセルを美しく決めると、続く3回転ループも降りた。後半のルッツ、トウループの連続3回転はわずかに着氷が乱れたが、それでも叩き出したスコアは唯一の80点台。スピンやステップも高次元にまとめ、演技後はホッとした表情を浮かべた。

 ISUは公式インスタグラムで演技の動画を公開。「今日、日本のユウマ・カギヤマが男子ジュニアのショートプログラムでファンタスティックなスケート」と称賛をつづると、映像を見た海外ファンからも同調の声が上がっている。

「ワオ! 日本男子はどんどんよくなっている。ユヅル・ハニュウ、ショウマ・ウノ、コウシロウ・シマダはシニアレベル。そして彼!」
「ショウマのような着地!」
「壮大だった!! トリプルアクセルは壮麗」
「美しいスケーティング。新たなライジングスター」
「トリプルアクセルに力みがない。最初はダブルかと思った。マーベラス」
「言葉がでない」
「彼は素晴らしい!」
「最高」

 24日にはフリーが行われ、鍵山は最終滑走となる。22年北京五輪でも期待のかかる、鍵山がジュニアGPのシーズン初戦で再びファンを魅了できるか、注目だ。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/23(金) 22:10
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事