ここから本文です

4K HDRキャリブレーションソフト「スピアーズ&ムンシルUHD HDRベンチマーク」、9/1に日本発売

8/23(金) 10:31配信

PHILE WEB

エディピットは、4K HDR対応テレビやディスプレイのキャリブレーションを行うための様々なテストパターンを収録した、米国Scenic Lab,LLC.製ソフト「スピアーズ&ムンシルUHD HDRベンチマーク」を9月1日に発売する。直販サイトのEDIPITストア、およびAmazonで販売を行い、価格は6,500円(税抜/送料込)。

明瞭さの最適化を計るための校正パターン、動き、シャープネス、カラーアライメントなどの評価パターン、 HDRおよびSDRで評価用に作成された8分間のオリジナルのデモ動画素材(8K制作)などの各種映像を収録。

600、1000、2000、4000、および10,000カンデラで利用可能なHDRパターンも収録し、UHDパターンやデモ動画表示中でも輝度を変更可能。これにより、まだ市場に発売されていない将来のコンテンツとディスプレイもカバーするとしている。

詳細マニュアル英語となるが、日本語クイックスタートガイドを提供する予定。

編集部:小野佳希

最終更新:8/23(金) 10:31
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事