ここから本文です

約170店が並ぶ!品種豊富な大阪・黒門市場の海鮮丼おすすめ5選

8/23(金) 8:00配信

ウォーカープラス

かつて近くにあった圓明寺の山門の色から黒門市場と呼ばれるようになった、1902年開設の商店街。全長約580mのアーケードの下に約170軒の店が並び、なにわの台所として親しまれてきた。近年では観光名所としても注目。鮮魚店の串焼きや青果店のジュースなど食べ歩きグルメも充実し、商店街全体が縁日のような雰囲気だ。<※情報は関西ウォーカー(2019年17号)より>

日本橋や道頓堀などの大阪の名所からも近く、アクセスも抜群/黒門市場

■ 1世紀以上の歴史を誇る「深廣」

1905年に創業した鮮魚店。中央市場や明石などの産地から直送される魚介は、ホテルやレストランなどにも納めるほど。店内で好きなネタを選んで自分好みの海鮮丼を作ることができる「えらんで丼」(時価)も食べたい。

■深廣<住所:大阪市中央区日本橋1-22-23 電話:06-6633-3000 時間:9:00~18:00、土日祝9:00~19:00 休み:なし 席数:約15席 タバコ:禁煙>

■ 黒門で人気の幻の海鮮丼「黒門三平」

黒門市場で一、二の人気を誇る鮮魚店。大阪中央卸売市場の仲卸が発祥で、魚の鮮度が魅力。それらのネタを使った約10種の丼は、どれも昼前にはなくなることも多く、幻の丼として人気。

■黒門三平<住所:大阪市中央区日本橋1-22-25 電話:06-6634-2611 時間:9:00~18:30、イートイン9:00~18:00 ※ネタがなくなり次第終了 休み:なし 席数:あり タバコ:禁煙>

■ 海鮮からフルーツまで充実「千成屋」

青果から海鮮、特産品まで品ぞろえ豊富な総合食品ストア。店内には巨大なイートインスペースがあり、海鮮や精肉など専門店が手がけるグルメをフードコート感覚で味わえる。

■千成屋<住所:大阪市中央区日本橋1-21-6 電話:06-6631-6322 時間:9:00~19:00 休み:なし 席数:約90席 タバコ:禁煙>

■ 鮮魚店が営む海鮮料理の店「海鮮居酒屋 魚一」

海外のマスコミにも取り上げられた新鮮な魚が楽しめる店。鮮魚を使った丼は約20種と豊富。店のすべての刺身を盛り付けた特撰海鮮丼(3500円)は味、インパクト&ボリューム共に満点。

■海鮮居酒屋 魚一<住所:大阪市中央区日本橋1-17-9 電話:06-4396-6628 時間:10:30~21:00 休み:月曜 席数:約20席 タバコ:喫煙可>

■ コスパ最高の市場の寿司店「やまと屋 すし黒門店」

木津市場で毎朝仕入れる新鮮なネタの寿司が味わえる。味はもちろんにぎり1人前(850円)からでコストパフォーマンスも高い。中トロ、上マグロ、ネギトロの三色丼(2000円)もおすすめ。

■やまと屋 すし黒門店<住所:大阪市中央区日本橋2-11-3 電話:06-6649-1300 時間:10:00~21:00(LO20:45) 休み:なし 席数:店内9席、店頭8席 タバコ:禁煙>

(関西ウォーカー・関西ウォーカー編集部)

最終更新:8/23(金) 8:00
ウォーカープラス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京・最強コスパ飯
焼肉の名店
カジュアル借金のワナ
美術館カフェに行こう。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事