ここから本文です

<ルパンの娘>深田恭子の艶やか“振り袖姿”に大反響!「ピンクのお着物似合いすぎ!!」

8/23(金) 9:22配信

ザテレビジョン

深田恭子が世紀の大泥棒一家“Lの一族”の一員として暗躍するドラマ「ルパンの娘」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)の第7話が8月22日に放送された。結納シーンで深田演じる三雲華が披露した艶やかな振り袖姿に、ファンから感嘆の声が上がった。(以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】ピンクの振り袖姿がキュートな華(深田恭子)!困り顔もたまらない!!

■ 泥棒一家と警察一家が結納を…

「ルパンの娘」は横関大の同名小説を原作に、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の決して許されない恋愛を描くラブストーリー。5話ラストでついに華こそが“Lの一族”だと知ってしまった和馬。だが、6話で和馬は一大決心。華の素性を知りながらも2人で運命を乗り越えようとプロポーズした。

そして迎えた7話では、和馬の一家が代々結納を行っているという温泉に、三雲家と桜庭家の面々が顔をそろえた。華と和馬、そして華の祖母・マツ(どんぐり)以外はお互いの一家の素性を知らないまま、厳かに結納の儀式を執り行った。

華は、結納の席に淡いピンクの振袖姿で出席。紋付袴姿の和馬とそれぞれ両親を伴って向かい合い、礼を尽くして「今後とも、幾久しくよろしくお願いいたします」とあいさつを交わした。

深田の振袖姿に、ファンから感激の声が殺到!SNSでは「深キョンむちゃくちゃかわいい!!」「ピンクのお着物似合いすぎ!!」「一瞬の和装だったけど眼福眼福」といった声が躍った。袴姿の瀬戸にも「カッコいい!!」「華ちゃんと和くんお似合い!」「華ちゃんに見とれる和くん、かわいい」の声が上がったほか、お互いの素性を隠して結納を交わすことに不安な表情をのぞかせる華に「華ちゃんの困った顔がかわいすぎる」といった声で盛り上がった。

だが、温泉旅館に“Lの一族”をかたった泥棒が出たことをきっかけに、お互いの一家の正体がバレてしまう展開に…。和馬は華に「必ず迎えに行く。待っていてくれ」と懇願するが、華はただ悲しげに首を振り、立ち去った。

■ 三雲家が指名手配!!第8話あらすじ

8話では、指名手配された華たち家族が落ち合う場所を決めて逃亡。一方、華と交際していた和馬は針のむしろ状態。父・典和(信太昌之)から、“Lの一族”とは知らずに交際していたことを証明しろと言われてしまった。

警察の捜査をかいくぐり、華たちは集合場所へ。そこで、尊(渡部篤郎)は華、悦子(小沢真珠)、渉(栗原類)、マツ(どんぐり)にそれぞれ一万円と偽造免許証を渡し、新しい戸籍で生きるよう告げ、何十年先になるかわからないが必ず迎えに行くと三雲家の解散を宣言する。(ザテレビジョン)

最終更新:8/23(金) 9:25
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン38号
9月11日

特別定価:400円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事