ここから本文です

Queentet from NMB48が神奈川にて女子力の高いホールツアーを開催!

8/23(金) 0:30配信

ウォーカープラス

8月22日、神奈川県民ホール 大ホールにて、吉田朱里さん、太田夢莉さん、渋谷凪咲さん、村瀬紗英さんの、4名のNMB48メンバーで構成された、Queentetが初のホールツアー「Queentet Summer LIVE 2019 ~WANTED!girl or lady?~」を開催した。女性ファンが6割という女子力の高いQueentetらしい客層で華やかな雰囲気のライブとなった。

【画像を見る】Queentet from NMB48が神奈川にて女子力の高いホールツアーを開催! ©︎NMB48

「8月も後半で夏も終わりかけていますが、私たちQueentetは、またまだみなさんと一緒に夏を感じたいです」という太田夢莉さんの影ナレで、会場の女性ファンも男性ファンも大盛り上がり。

オープニングでは、メンバー紹介の映像もパワーアップされ、会場のコールも更に大きくなっていった。一気に、『ハイテンション』『ツンデレ!』『Mosh & Dive』『スキャンダラスに行こう!』の4曲を披露し、会場はから大歓声が上がった。MCパートを挟み、更に、『恋愛被害届け』『従順なSlave』『ロマンス拳銃』の3曲も歌い上げた。

さらに、ソロパートでは、吉田朱里さんが『Teacher Teacher』を、渋谷凪咲さんが『タイムマシンなんていらない』を、村瀬紗英さんが『背中から抱きしめて』を、太田夢莉さんが『お手上げララバイ』を披露。そして、カップリングパートでは、渋谷凪咲さん×吉田朱里さんで『てもでもの涙』を、村瀬紗英さん×太田夢莉さんで『ヒグラシノコイ』を歌い、会場の雰囲気は最高潮に!

その後、全員が浴衣で登場し、『蛍』『夏の催眠術』『僕の打ち上げ花火』の3曲で会場も夏らしいムードに。MCパートを挟んで、新曲『僕だけの君でいてほしい』を含む、『甘い妄想』『涙の表面張力』『孤独ギター』『記憶のジレンマ』『正規の味方じゃないヒーロー』『大声ダイヤモンド』の7曲を一気に歌い上げた。

アンコールでは、『彼女になれますか?』『呼び捨てファンタジー』を2曲を続けて披露した。ラストは、「まだやってない曲ありますよねー、Queentetと言えば!」という吉田朱里さんの最後のタイトルコールに合わせて、会場のファンも大きな声で「Which one」と、一体となってライブは幕を閉じた。

■ セットリスト 

1、ハイテンション

2、ツンデレ!

3、Mosh & Dive

4、スキャンダラスに行こう!

5、恋愛被害届け

6、従順なSlave

7、ロマンス拳銃

8、Teacher Teacher

9、タイムマシンなんていらない

10、背中から抱きしめて

11、お手上げララバイ

12、てもでもの涙  

13、ヒグラシノコイ

14、蛍 

15、夏の催眠術

16、僕の打ち上げ花火

17、僕だけの君でいてほしい

18、甘い妄想

19、涙の表面張力

20、孤独ギター

21、記憶のジレンマ

22、正規の味方じゃないヒーロー

23、大声ダイヤモンド

-----

EN1、彼女になれますか?

EN2、呼び捨てファンタジー

EN3、Which one

(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス/野木原晃一)

最終更新:8/23(金) 0:30
ウォーカープラス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京・最強コスパ飯
焼肉の名店
カジュアル借金のワナ
美術館カフェに行こう。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事