ここから本文です

鳥栖FWトーレス、“11歳・現在”の特製コラージュに盟友の元日本代表MFも反応

8/23(金) 6:20配信

Football ZONE web

現役引退前夜に「最大限楽しむ」とSNSに投稿 盟友MF加藤恒平も「いいね!」で反応

 サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、23日のJ1リーグ第24節ヴィッセル神戸戦で現役ラストゲームを迎える。引退試合前夜、自身のインスタグラムには、「最初から最後まで、一瞬一瞬を最大限に楽しむ」と綴り、アトレチコ・マドリードの下部組織時代と現在の自分を対比させたコラージュをアップしている。

【写真】盟友の元日本代表MF加藤恒平も反応 鳥栖FWトーレス、アトレチコ下部組織時代の若き日の自分と現在の特製コラージュ

 母国アトレチコ・マドリードでトップデビューを飾ったトーレスは「エル・ニーニョ」(神の子)の愛称で親しまれ、リバプール、チェルシー、ACミランと数々のビッグクラブで活躍。そうして昨夏、Jリーグの鳥栖へ加入した。

 昨季は熾烈な残留争いを強いられながら、終盤の第33節横浜F・マリノス戦でトーレスが決勝ゴールを決めて2-1で勝利。貴重な勝ち点3を積み上げJ1残留に貢献した。しかし、今季は度重なる負傷離脱なども重なり現役引退を決断。6月21日の自身のSNSを通じて引退を発表した。

 現役ラストゲームの神戸戦を翌日に控えた22日前夜、トーレスは自身のインスタグラムを更新。「最初から最後まで、一瞬一瞬を最大限に楽しむ」と綴り、現在の自分と、アトレチコ下部組織に入った11歳当時と思われる若き日の自分のコラージュを投稿した。

 海外ファンから「最初に君を知った時からずっと僕のお気に入り」「絶対的なレジェンド」と惜別の声があがったほか、日本人ファンも「ありがトーレス」と感謝。鳥栖時代に親交を深めた盟友の元日本代表MF加藤恒平(現ヴィジェフ・ウッチ)も「いいね!」で反応している。

 歴戦のトーレスはMFアンドレス・イニエスタら同胞も盟友が所属する神戸戦で花道を飾るべく、全身全霊を注ぐ。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/23(金) 6:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事