ここから本文です

ランパード監督、現役引退のトーレスにエール 「ファンタスティックなキャリアだった」

8/23(金) 21:55配信

Football ZONE web

鳥栖で23日に現役ラストマッチを迎えたトーレスに「素晴らしい男で、良き友人」と言及

 チェルシーのフランク・ランパード監督は、23日に現役ラストゲームを迎えた元同僚のサガン鳥栖FWフェルナンド・トーレスについて記者会見で言及。「ファンタスティックなキャリアだった」と語った。

【写真】日本代表GK権田修一「日本に来てくれて本当にありがとう」 鳥栖の元スペイン代表FWトーレスに感謝2ショット

 トーレスは今年6月に今季中の現役引退を発表。23日にラストゲームとなるヴィッセル神戸戦を迎えた。本拠地でのメモリアルゲームは1-6と大敗で、フル出場のトーレスも無得点に終わっている。しかし、同胞のMFアンドレス・イニエスタやMFセルジ・サンペール、FWダビド・ビジャらとの“共演”で花道を飾った。

 同日、トーレスの古巣であるチェルシーでは、プレミアリーグ第3節のノリッジ・シティ戦に向けた前日会見が行われた。ランパード監督は引退するトーレスについての質問にこう答えている。

「ファンタスティックなキャリアだった。彼は素晴らしい男で、良き友人だ。彼のキャリアを大いに称えたい。彼が選んだ道でうまくいくことを願っている」

 ランパード監督とトーレスは2013年、ともにUEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験した、まさに戦友だ。一足先に現役を退いた“先輩”から、新たなキャリアを歩むトーレスへエールが送られた。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/23(金) 21:57
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事