ここから本文です

定年を迎える「ポスト団塊世代」が、妻や家族に嫌われないための心得

8/23(金) 6:01配信

ダイヤモンド・オンライン

 現在、次々と定年を迎えつつあるのが「ポスト団塊世代」の男たち。“一億総中流社会”で大事に育てられ、子ども部屋を持ち、習い事や、スポーツや音楽などの趣味も多彩。バブル崩壊や長引く不況を経験し、それまでの社会的価値観が大きく転換した世代でもある。彼らが定年を迎えたとき、妻や家族から嫌われる典型的なパターンとは何か。彼らは妻や家族といかにして接するべきだろうか。(家族問題評論家・エッセイスト 宮本まき子)

 メディアに登場する定年男性像は、たいがい亭主関白ですね。在職中なら「メシ、風呂、寝る」「俺が食わせてやっている」の俺さま仕様。定年後にお家に居放題になると、「どこへ行く?」「いつ帰る?」「俺のメシはどうなる?」と女房の活動をチェック。

 加えて家庭内管理職となって炊事、洗濯、掃除に手も口も出して家事が非効率的と糾弾。家計管理とかで買い物に同行して倹約&節約を推奨し、無駄遣いを戒めるのは、まるで二宮尊徳の回し者です。

 妻にまとわりついてちょっかいを出したり甘えたりする“突発性幼児期化退行現象”は「人恋しさ」ゆえだから、うっとうしくても適当に手のひらの上で転がしておこう。

 そんな定番のアドバイスが通用しなくなったのは、定年対象年齢がポスト団塊世代に移行したからでしょう。

● キャラが濃い団塊世代から さめたしらけ世代へ

 高度成長とバブル景気を駆け抜けたプレ団塊&団塊世代のモーレツ社員たちは「仕事いのち」で家庭では完全なアウェーでしたから、離婚時の年金分割制度(2007年)ができたときは震え上がったようです。

 しかし、妻たちもまたモーレツでした。

 戦後の貧しさを記憶し、数の多さゆえに結婚をせかされ、家事、育児、夫の世話、地域の付き合い、親の介護をこなし、すきま時間は遊びもせずにパートで家計を助けました。やっと手に入れた健康寿命までの自由時間にあれもこれも楽しみたい。そのためには年金の半分どころか退職金も「全部欲しい」のが本音で、愛は売り切れても「金の卵を産む鶏」の首をしめたりはしません。

 結局、この世代までは定年離婚が激増することもなく、夫に「亭主関白」の幻想を抱かせたまま「ATM機能」を維持させるという処世術がまん延しております。

 目下、定年進行中のシニアは「ポスト団塊世代」――。

 キャラの濃い団塊世代と違って政治には無関心、無気力、無責任な三無主義の「しらけ世代」と称されました。学生運動や仕事に全エネルギーをかけるのを「カッコ悪い」とし、一致団結は苦手で内向的でさめているといわれました。

 一億総中流社会で大事に育てられ、子ども部屋を持ち、習い事や、スポーツや音楽などの趣味も多彩。青春期にはバカンスにテニスやスキー、リゾート旅行を楽しみ、雑誌「ポパイ」「アンアン」「ノンノン」がファッションをけん引。ファミコンやアニメが流行し、ブランド志向などに強いこだわりを持つ人が増えました。

 繁栄期のあとにバブル崩壊や長引く不況を経験し、それまでの社会的価値観が大きく転換した世代でもあります。

● 妻と夫の文化摩擦が 国境紛争級に?

 このようなポスト団塊世代の定年後ライフはそれまでの「父帰る」(やんちゃな夫を家族が優しく迎え入れる)パターンとはひと味違います。その前の世代までは団地や社宅住まいに父母と子ども、手料理で家庭団らんなど「家庭のイメージ」は均質化していました。

 でも次世代はそれまでのダサい主婦向け雑誌と正反対の、エコやオーガニックなどにこだわったおしゃれな主婦向け雑誌の「クロワッサン」などに傾倒して、自立にこだわるライフスタイルを築いていきます。

 定年で家に入るということは、「妻のこだわり文化」が根付いた家庭に「夫のこだわり文化」が割り込むわけですから、当然文化摩擦も起こります。例えるならロココ調の家具でしつらえた居間に囲炉裏(いろり)端をつくるようなもので、アウェーどころか国境紛争級にもめるでしょう。

1/4ページ

最終更新:8/23(金) 6:01
ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ダイヤモンド

ダイヤモンド社

19年9月21日号
発売日9月17日

定価710円(税込み)

特集 日韓激突!
ものづくりニッポンの悪夢
特集2 ウェブサイト価値 2019
特集3 チェンジリーダーの哲学

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい