ここから本文です

ひろゆきが語る「1%の抜け道に気づく成功者」

8/23(金) 5:40配信

東洋経済オンライン

アメリカで大ベストセラーとなったアレックス・バナヤン著『サードドア:精神的資産のふやし方』。

この記事の写真を見る

18歳の大学生が、期末試験前日に一念発起してテレビのクイズ番組に出場。ビル・ゲイツ、スピルバーグ、レディー・ガガなど世界屈指の成功者たちに突撃インタビューしようと七転八倒する実話だ。
日本最大の電子掲示板『2ちゃんねる(現5ちゃんねる)』の設立者で、現在は英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人ほか、多数の企業に携わる「ひろゆき」こと西村博之氏は『サードドア』をどう読んだのか。話を聞いた。

■成功者が端折る肝心な部分がここにある

 ――ひろゆきさんはネット配信番組で『サードドア』についてお話しされていましたよね。

 たまたま外国人の友人に薦められて原書のほうを読んだんです。その頃はまだ日本語版もなくて、世界18カ国で刊行されるようなヒット作だとは知らなかったんですけど、面白いなあと思って。ほとんどの成功者の話に欠けているものが書かれている本ですよね。

 成功した人は、才能があるとか優秀だとか言われますけど、スタートの時点では、ほかの一般人と同じですよね。それがある日、レディー・ガガはプロデューサーに見いだされて大スターになり、ビル・ゲイツはIBMと契約してOSを卸したことで大成功への足がかりができたりする。

 でも、そもそもレディー・ガガはなぜそのプロデューサーと接点があったのか?  20代の若者だったビル・ゲイツはなぜIBMにOSを卸すことができたのか?  大抵の成功談は、この肝心な最初のステップアップのところが端折られているんですよ。

 著者のアレックスは、その端折られた部分を成功者たちにじかに聞いてまわって、それぞれの体験を引き出していくところが珍しいし、面白く読みました。

 アレックスは、人生には3つのドアがあると語っていますよね。ファーストドアは、多くの人が並ぶ正面入り口。セカンドドアは、VIP用入り口。そして自分だけに見つけられる抜け道=サードドア。僕もアレックスと同じで、正攻法、つまりファーストドアに並ぶのではなく、必ず抜け道があるはずだと思うタイプです。

1/7ページ

最終更新:8/23(金) 5:40
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事