ここから本文です

オリジナル曲、独自の選曲が急増!2019夏の甲子園、ブラバンBEST10。

8/23(金) 18:01配信

Number Web

 星稜を破り、履正社が初の日本一に輝いた101回目の夏の甲子園。今大会も、数々の名勝負と熱い演奏をアルプススタンドで観戦。全出場校49校の応援は、どれも素晴らしいものばかりでしたが、なかでも特に心に残った印象的な応援を紹介したいと思います。

【秘蔵写真】バンカラ姿にカッコいい将校感! ブラバン応援BEST10ランクイン校と奥川、佐々木の奮投はこちら。

 10位/仙台育英
『スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス』

 1964年の映画『メリー・ポピンズ』の劇中で歌われる楽曲を、今大会から得点曲として採用。点が入ると天理高校の『ファンファーレ』を演奏する学校が圧倒的に多く、同校もご多分に漏れずそうだった。

 「他では使っていない曲に変えたいと思い、この曲で点が入って幸せな気持ちを表現したかった」とは、応援をまとめるホルンパートの熊谷薫君。ディズニー音楽らしいハッピーなメロディが、アルプススタンドを明るく盛り上げていたのが印象的だった。

 9位/高岡商
『ザ・ホース』

 チャンステーマとして使われる同校の名物曲。ジェシー・ジェイムズ作曲のマーチングでよく使われる曲で、マーチング強豪校ならではのキビキビとした動きも秀逸。野球部と一般生徒がメガホンで「T・A・K・A・S・H・O! ゴーゴーレッツゴーレッツゴー高商!」とコールし、素晴らしい一体感も魅力。

沖縄代表校が歌うとひと味違う。

 8位/沖縄尚学
『ダイナミック琉球』

 沖縄では運動会のエイサーで使われるなど、県内で知名度の高い楽曲だが、近年は高校野球の応援曲としても全国的に人気がある。

 「海よ 祈りの海よ 波の声響く空よ 大地踏み鳴らし叩く 島の太鼓(てーく)ぬ響き」という歌詞を、野球部員1人がアカペラで歌った後に全員で歌う、というパターンが多いのだが、沖縄代表校が歌うこの歌はやはりひと味違う感慨深さがあった。同作品をカバーしている、沖縄出身のシンガーソングライター・成底ゆう子も現地で観戦。「地元の学校が応援でやってくれて感動もひとしお。泣きました」と感激していた。

 ちなみに、演奏は長年に渡りすべての沖縄代表校の友情応援を引き受ける市立尼崎高校吹奏楽部が担当。今夏も、日程が重なる吹奏楽コンクールと調整しながら、アルプススタンドに駆けつけていた。

1/3ページ

最終更新:8/27(火) 19:11
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

986号
9月12日発売

本体630円+税

桜の出陣。
ラグビーW杯大特集 日本代表、ベスト4への道

【別冊付録】 出場20チーム完全選手名鑑

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事