ここから本文です

趙治勲名誉名人、令和は「楽しいことを最優先に」

8/23(金) 8:00配信

NHKテキストビュー

紫綬褒章を受章した趙治勲名誉名人。昭和に入段、史上初のグランドスラムを達成し、平成では本因坊十連覇を成し遂げました。趙治勲名誉名人の令和はどんな時代になるのでしょうか。



* * *



時代は「令和」に移りました。初めは正直、違和感があったけれど、もう慣れました。というか、すっかりなじんでいます。皆さんはいかがでしょうか。



元号は二文字って決まっているの? 創り出すのは相当難しかったと思います。ありきたりじゃつまらないし、派手すぎてもいけないし。令和は落ち着いていて、とてもいい!



棋士としてのぼくで言えば、来日したのが昭和37年。昭和で約30年、平成でも30年を過ごしたことになります。昭和で基礎を固め、平成の30年は幸せだったと言っていいかな。これからの令和の時代は、死んでいくだけ(笑)。楽しいことを最優先にしていくつもりです。今からもう一度、死ぬ気で勉強して井山に勝つというのは、それがいいことかどうかは分かりません。100%努力するより、まあ、60、70%くらいに抑えて、あとは楽しむ部分を多く作っていく。これを令和の生き方にしたいと、そんなふうに目標を立てています。



もしも日本に元号の制度がなかったら、西暦だけだったら…。きっと味気なかったよね。ずっと数字がつながっていくだけで、改元という歴史的な瞬間を味わえないんだから。最初の元号、大化から大体1400年。こんないいシステムを用いている日本は幸せな国です。そうそう、元号制度が今もあるのは日本だけだとか。これは自慢できるよね。



※後半はテキストでお楽しみください。



■『NHK囲碁講座』連載「趙治勲名誉名人のどうでもいい碁の話」2019年8月号より

NHK出版

最終更新:8/23(金) 8:01
NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事