ここから本文です

星稜・奥川恭伸を獲得すべき球団は…夏の甲子園「ドラフト候補」診断【投手編】〈dot.〉

8/24(土) 16:00配信

AERA dot.

 履正社(大阪)の初優勝で幕を閉じた夏の甲子園。佐々木朗希を擁する大船渡が岩手大会の決勝で敗れ、ドラフト候補的には本命不在との声も聞かれたが、それでも高いパフォーマンスを発揮した選手は少なくなかった。ここではそんな選手たちをプロ球団のスカウト的な観点で評価、分析した。なお、取り上げた選手の中には既に進学が有力視されている選手も含まれているが、あくまでプロ志望だったことを前提として評価している。まず今回は投手編をお届けする。


評価A:プロ志望なら上位指名濃厚
評価B:プロ志望なら指名濃厚
評価C:プロ志望なら指名の可能性あり
おすすめ球団:どの球団の補強ポイントに当てはまるか


■能登嵩都(旭川大)
ポジション:投手
身長体重・投打:183cm 71kg 右投右打
評価:C
おすすめ球団:日本ハム
初戦で星稜(石川)に敗れたものの、1失点完投と見事なピッチングを見せた。まだまだ細身で体つきは頼りないものの、長いリーチを柔らかく使える腕の振りが光る。そして特に良いのが変化球。腕を振って緩いボールを操り、打者のタイミングを上手く外した。大学進学とのことだが、将来はプロを狙える器。地元の大型投手ということで日本ハムは追い続けてもらいたい投手だ。

■西舘勇陽(花巻東)
ポジション:投手
身長体重・投打:184cm 80kg 右投右打
評価:C
おすすめ球団:ソフトバンク
リリーフで登板して145キロをマークしたものの、5回2/3を投げて6失点(自責点4)と力を発揮できずに甲子園を去った。目に見えて昨年までより体が大きくなったが、まだその力を上手く使いきれていないように見える。ただポテンシャルの高さは間違いないだけに、素材型の投手を上手くものにしているソフトバンクなどは狙っても面白いだろう。

■谷幸之助(関東一)
ポジション:投手
身長体重・投打:177cm 82kg 右投左打
評価:C
おすすめ球団:ロッテ
バランスの良いフォームから最速146キロをマークして、前評判通りのストレートを披露した。どうしてもリリースがばらつき、投げてみないと分からないという不安はあるが、フォーム全体には悪いところはなく、何かのきっかけで大化けする可能性は十分ある。高校卒の本格派が台頭してきているロッテなどは狙っても面白い素材だろう。

1/3ページ

最終更新:8/25(日) 11:47
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日、
医療チーム、アサヒカメラ、大学ランキング
などの独自記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事