ここから本文です

【K-1】川崎真一朗・近藤拳成・平山迅が下克上宣言、迎え撃つ篠原悠人・大和哲也・山崎秀晃は「そうはさせない」

8/24(土) 6:00配信

ゴング格闘技

2019年8月24日(土)エディオンアリーナ大阪『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイト in 大阪~』の前日計量&記者会見が、23日(金)大阪府内にて13:00より行われた。

【写真】昨年最高試合賞を獲得した山崎は平山を迎え撃つ

 今大会では本戦第1試合から第6試合までは、いずれも赤コーナーの格上選手にまだキャリアや実績のない青コーナーの選手が挑む「下克上マッチ」のスーパーファイトが組まれた。

 第4試合ライト級3分3R・延長1Rで対戦するのは、篠原悠人(DURGA/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級王者)と川崎真一朗(月心会ラスカルジム)。

 川崎は「明日は篠原選手、強いですけれど何が何でも勝ちます。僕はこの試合に勝って次もk-1という大きい舞台に呼んでもらえるようにするだけです」と必勝を誓う。

 篠原は「減量も上手く行って練習でも仕上がりもいいので明日はいいパフォーマンス見せられると思うので楽しみにしていてください。ライト級のK-1のベルトを獲りたいと思っているので明日はしっかり勝たないといけない試合だと思っています」と、こちらも必勝宣言。

 第5試合のスーパー・ライト級3分3R・延長1Rでは、大和哲也(大和ジム/元WBCムエタイ世界スーパー・ライト級王者)と近藤拳成(大成会館/K-1甲子園2016 -65kg王者)の新旧対決。

 近藤は「今までで一番練習積んできて仕上がりもいいので明日は弟と一緒に勝ちたいと思います。明日の試合に勝って小さい頃からの夢であるK-1チャンピオンに近付きたいと思います」と、大和を踏み台にK-1王座を目指すつもり。

 迎え撃つ大和は「約9カ月ぶりのK-1のリングになります。非常に調子がいいので明日はしっかりと力の差を見せつけられる試合をしたいと思います。今大会で世界vs日本が組まれているのですが、僕はこのK-1のリングに世界と戦うために来たので、次回からは日本vs世界の中に組んでもらえるような試合をして次のステップにつなげたいと思います」と、ここで負けていられないとの決意を語る。

 第6試合スーパー・ライト級3分3R・延長1Rでは、山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第4代Krushスーパー・ライト級王者、第3代Krushライト級王者)と平山迅(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が対戦。

 平山は「この試合の話をもらった時から自分がしなあかんこと、そして覚悟はもう決まっているので明日はそれをぶつけようと思います。(山崎は)パワーがありそうで仕上げてきたなって感じで。最初に山崎選手がこっちを見ていたので目を合わそうとしたんですが僕はずっと前を向いていて。最後にそれをせなあかんのかなと思って俺が横を向いたら『どないしたん?』と言われたので総すかん喰らった感じで。身体の仕上がりはいい感じなので凄い試合ができそうです」と話す。

 山崎は「前回12月の大阪大会以来となってしまったんですけれども、前回は敗戦という形で最高試合賞をいただいたいんですが、明日は勝利で皆さんに評価してもらえるような試合をします。(平山は)ハードヒッターで身体を見ても毎回仕上げているなって印象です。どないしたんって言ったら『うん』と言われたので、あとのフォトセッションでフェイストゥフェイスよろしくお願いします」と、平山の言葉に笑顔を浮かべて応えた。

 また、平山は「明日勝ったらやりたい相手いてるのでそれリング上で言いたいと思います」と秘めたる想いがあることを明かし、山崎は「明日は勝ち方にこだわって強い山崎が帰ってきたな、ゴールデンフィスト山崎だったなと印象づけられる試合をしたいと思います」と完全復活を遂げたいと意気込んだ。

 そして“下克上”というテーマについてどう考えているか、との質問に各選手は次のように答えている。

川崎
「テーマ通り下克上ですね。篠原選手は一階級上でKRUSHのチャンピオンになっていますし、キャリアの浅い自分がどこまで喰いついていけるかだと思うので、その下克上をしっかり果たしたいと思います」

篠原
「毎回そうですが絶対に負けられない、落とせない試合になるので、しかもKOが一番いい結果だと思うのでKOを狙っていきたいと思います」

近藤
「誰がどう見ても僕の方が下なので明日は頑張って勝ちます」

大和
「格闘技は下克上が多いと思うので、そこで僕がしっかり力の差を見せてまだまだ下克上は早いという試合を見せたいと思います」

平山
「下克上もそうですが、自分の壁を超えないといけない相手だと思っているのでそれも含めて下克上を起こしたいと思います」

山崎
「僕はそんなに下克上だと思っていなくて、平山選手も尊敬していますし、リスペクトを持って明日は叩き潰しに行きたいと思います」

最終更新:8/24(土) 6:00
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事