ここから本文です

夫の急逝で突然、社長に 「世界の山ちゃん」率いる元専業主婦

8/24(土) 6:10配信

NIKKEI STYLE

《連載》キャリアの原点 エスワイフード 山本久美社長(上)

幻の手羽先で有名な居酒屋チェーン「世界の山ちゃん」を運営するエスワイフード(名古屋市)。カリスマ創業者だった山本重雄氏の急逝に伴い、社長に就任したのが妻の山本久美氏だ。結婚する前は小学校の教師をしていた。専業主婦時代、店に貼る手書きのかわら版通信『てばさ記』を通じて会社と関わってきたことが、社長就任を決断する決め手になったという。

■やるなら徹底的、やらないならやらない。ゼロか100。

――2016年8月に社長就任する前は専業主婦でした。

「創業者で会長だった夫の重雄が亡くなったのが、あまりに急だったものですから。会長と私以外に取締役はおらず、私が代表取締役を引き受けるしかない状況でした。それでも、夫が亡くなったからといっていきなり社長に就任するなんて、すぐには決心がつきませんでした」

「まず、会長が亡くなった日、病院で、親しくしているお取引先から『エスワイフードをやれるのは久美さんしかいない』と言われました。当時、小学生と中学生の子供が3人いて、家のこともありました。頭が真っ白でしたから、初めのうちは何も考えられず『できません』とお断りしたのです」

「葬儀が終わった次の日だったでしょうか、違うお取引先から再び『久美さんしかいない』『僕たちがサポートするから』と言われたときも悩みました。『幹部から報告を上げさせるから、久美さんは家にいてとにかくハンコを押してくれればいい』とも言われたのですが、中途半端なことができない性格で、やるなら徹底的にやるし、やらないならやらない。ゼロか100だな、と。社長を引き受けるのであれば、従業員のみなさんと同じ空気を吸いながら、全力でやろうと思い、悩みに悩んでとうとう引き受けることにした次第です」

■働く人もお客様にも、楽しんでいただく

――企業に勤めた経験は?

「結婚する前は小学校の教師をしていましたが、企業に勤めた経験はありません。経験があったら、引き受けていなかったかもしれません」

「外部から社長を連れてくるということも、考えなかったわけではないのです。けれど、(亡くなった)会長が作った会社を人手に渡したくないという気持ちがありました。外部から社長を連れてきたら、社風も変わってしまいます。幹部の中で次期社長候補が決まっていなかったこともあり、私がやることになりました」

――社員のキャラクター、独自の社風とは?

「『世界の山ちゃん』の社是は『立派な変人たれ』です。変人とはユニークでおもしろいことと変化すること、両方の意味があります。まじめなところはすごくまじめですけれども、おもしろいことをとても愛している会社ですから、それを変えたくはありませんでした」

「例えば、社員は皆、マジックができます。コミュニケーションマジックというか、お客さんをちょっと笑わせる程度の、ごく簡単なものですけれど。お客様からご要望があれば、お店で披露し、お話しするきっかけにしています」

「月に1度、関東と名古屋でそれぞれ、社員総会を開いていますが、そういう総会の場でも幹部が冗談を言ってちょっと笑いが出るぐらい、ある意味では『ゆるい』会社です。教師だった頃、職員会議で笑いが出るなんてことはありませんでした。社長に就任して最初に会社に来たときには、こんなにふざけていていいのかな、と思ったほどでした。もちろん、ビシッとするときはビシッとします。利益は出さなければなりませんが、お客様が満足してくれることが一番。働く人もお客様にも、楽しんでいただくという考え方で運営しています」

1/3ページ

最終更新:8/24(土) 12:35
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事