ここから本文です

だいたひかる 乳がん再発時、夫とともに“疑心暗鬼”に…

8/24(土) 11:05配信

女性自身

アメーバブログ女芸人部門でアクセス数ダントツ1位を更新中のだいたひかる(44)。'16年2月に乳がん治療のため右胸全摘手術を受けたときのことや、その後の経過をユーモラスにつづっている。

本誌でも、7月に掲載した当企画前編で、今年の3月にがんが再発したことを報告してくれた。乳房を全摘している右側にまさかの再発……。夫の小泉貴之さん(42)と一緒に取材に応える様子は相変わらず仲がよく、夫婦漫才のようだったが、当時は転移の有無がはっきりしない状況だった。

今回は最終の検査結果と共に、だいた流“がん患者あるある”をご紹介!

【がん患者あるある】結果待ちの間に疑心暗鬼に

だいた「前回は再発しているがんが転移していないか、調べている途中でお話ししていたんですよね。PET検査の結果は出ていて、その画像で腰の骨あたりに転移の可能性があるかも……っていうときでした。あの後にMRIで検査をして、転移なしってようやくわかって、安心しました」

小泉「あのとき明るく話していましたが、正直、ナーバスな心境でした(笑)。とにかくオールOKとなるまでが長いんですよね」

だいた「PET検査は最終の精密検査ってイメージがあったので、これでわからないって、いったい……って感じ」

小泉「待っている間にやっぱりいろいろ調べちゃうんですよね。再発かどうかわからなかった時期には、医者に言われたこと、がん経験者の方のブログコメント、ネットの情報などのどれが正しいんだろう? と疑心暗鬼になりました」

だいた「先生からは全摘したほうの胸にがんが再発する確率はすごく低いと聞いたけど……」

小泉「調べたことによる体感としてですが、もっと確率が高いんじゃないか? って考えたりしました。検査や治療法も納得できるまでネット検索したりと、誰でもやってしまうと思いますね」

【がん患者あるある】検査中の妄想が止まらない

だいた「検査魔になりがちというのは、がんあるあるの代表格だと思いますが、妄想力が豊かになる人も多いと思います。CTスキャンとMRIは、台に横たわった後に機械がスライドして筒の中に入れられるんですね。初めてのときは、ベルトコンベヤーみたいって思いましたよ(笑)」

小泉「ちくわの中のきゅうりの気持ちがわかったでしょ?」

だいた「うん(笑)。ドラえもんの空き地の土管を想像したり、閉所恐怖症の人はどうなっちゃうんだろう? って思ったり。MRIのごう音は、『工事現場?』って感じだし、太ってる人は入れないんじゃないか? って余計な心配まで(笑)。気を紛らわせようということではなく、初めて見る機械や、初めて受ける検査に今まで想像もしてこなかった思考が頭に浮かぶのかもしれません」

【がん患者あるある】仕事しづらくなる

検査の繰り返しと長期にわたる治療で不安な生活のなか、仕事の面でもがん患者の皆さんはつらい思いを……。

だいた「がんになると、働きづらくなるのは、すごく感じますね。今元気でも、またいつぶり返すかわからないじゃないですか。休みと復帰を繰り返すこともあるので、不安定な人と思われますよね。でも、働けるんですよね、がんでも。なんだったら抗がん剤のときとか、仕事があったほうが忘れられるんですよ、痛さとかだるさとか。仕事に集中するから。がんの人のほうが仕事を頑張ると思いますよ、ほんとに。治療費も稼がなきゃいけないですし、サボらないと思うんですよ。まだまだ誤解が多いなと思います。すごく末期の状態以外は働けるんです。がん患者イコール使い物にならないと思わないでほしいなぁって思いますね」

小泉「もうちょっと余裕を持って病気の人に接することができる、柔らかい丸い社会になってくれたらいいなとは思いますね」

最終更新:8/24(土) 12:27
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2883号・9月17日発売
毎週火曜日発売

特別定価430円(税込)

二宮和也 同棲開始!3億円新居購入
二宮和也 訴えていた恋人へのケジメ
美輪明宏 脳梗塞入院先から届いたメール

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事