ここから本文です

「風呂の残り湯は使わない」「毎日洗濯しない」|令和時代の洗い方

8/24(土) 11:05配信

サライ.jp

日々の洗濯で使う「衣料用洗剤」や洗濯の仕方についてマイボイスコム株式会社が6回目となるインターネット調査を行いました。今の洗濯用洗剤のトレンドや洗濯時の工夫までを見ていきましょう。

■洗濯の頻度 |洗濯を「ほぼ毎日」する人は34.8%

調査をした中で、自分で洗濯をしているという人は全体の8割弱となりました。男性の60%、女性の約95%が自分でしていると回答しています。その中で、洗濯を「ほぼ毎日」する人は34.8%で、女性30代以上では各5~6割という結果が出ました。また、男性は「ほぼ毎日」「週2~3回」が各2割弱でボリュームゾーンでした。それぞれ男女差があらわれる結果となっています。

■衣類洗濯時に使っている洗剤のタイプは?

洗濯をするときに使う洗剤を聞いたところ(複数回答)、洗濯をする人の57.4%が「衣料用合成洗剤:液体洗剤・濃縮タイプ」を使っていると回答しました。「衣料用合成洗剤:液体洗剤・濃縮タイプ以外」「衣料用合成洗剤:粉末洗剤」は各20%台で、過去の調査に比べて減少傾向にあります。「衣料用合成洗剤:ジェルボール」は10.1%、「柔軟剤」は51.2%です。
女性に限ると6割弱の方が「柔軟剤」を使用しています。また、「おしゃれ着洗い用洗剤、ドライマーク衣料用洗剤など」は女性40~70代で各4割弱~5割弱使用しているとの結果が出ました。
女性の年齢層が上がるほど、より丁寧に洗濯している様子がうかがえます。

■衣料用洗剤・洗濯石けんで人気の銘柄は?

直近1年以内に使用した衣料用洗剤・洗濯石けんとして人気が高かったのは「アタック〔花王〕」(衣料用洗剤・洗濯石けん使用者の50.7%)、「アリエール〔P&G〕」(36.7%)、「トップ〔ライオン〕」(25.0%)の順となりました(複数回答)。 これらの洗剤を購入したきっかけは、「店頭で商品を見た」「テレビ番組・CM」「特売・セール」が、それぞれ2~3割を占めました。
主利用洗剤別にみると、ニュービーズ主利用者などでは「特売・セール」の比率が高く、ボールド主利用者、アリエール主利用者などでは「テレビCM」の比率が高い結果となっています。

1/2ページ

最終更新:8/25(日) 7:52
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事