ここから本文です

【新潟県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>

8/24(土) 18:03配信

GOETHE

2009年から’15年の6年半、のべ500日以上をかけて、47都道府県を旅した中田英寿さん。そこで出会った数々の酒蔵には、ある共通点があった。それは、「良質な蔵元であればあるほど、良質な食を知り尽くしている」ということ。中田さんが出会った全国津々浦々の特別なる蔵人にしか知りえない、最高に旨い”地元の名店“を紹介する。ゲーテのレストラン大賞「ゲーテイスト2019」に参加した中田さんによる、「ゲーテイスト特別版 全国の旨い店ガイド」がここに完成!

『酒肴屋 いっこう』 新潟市/居酒屋

推薦人
「荷札酒」/加茂錦酒造 田中悠一さん(蔵元杜氏)
新潟の古くからの繁華街、古町に舌の肥えたビジネスパーソンが集まる端正な居酒屋がある。「ご夫婦ふたりでやっている小さなお店で、日本海の海の幸をはじめ、ポテトサラダやカニクリームコロッケ、締めのカレーライスまで、こだわりの一品が揃います。驚くべきは、洗練された日本酒の選び。新潟の銘酒はもちろん、つぶぞろいの県外酒が揃うのです。酒どころ新潟の飲食店にあって、ここまで幅広く県外酒が並ぶのは珍しいのではないでしょうか。それもしっかりと冷蔵管理がしてあるので、最高の状態で供される。酒蔵の人間として、また酒好きのひとりとして、非常に信頼を寄せている名店です」

住所;新潟県新潟市中央区西堀通6-889


加茂錦酒造
創業は明治26年。地元の加茂市を代表する日本酒として、伝統的な酒造りを元にしながら、今の食卓に合う日本酒を目指す。「創業から120年以上が経ち、日本の食生活は大きく変化しました。多様化したスタイルの中で私たちが目指しているのは、食に寄り添う酒。小さな酒造所なので、生産量や酒造りの体制にも限界があります。だからこそ自分たちが飲みたいと感じる酒を丁寧に醸していきたいと考えています」

銘柄:荷札酒
創業:明治26年
住所;新潟県加茂市仲町3-3

『兄弟寿司』 新潟市/寿司

推薦人
「八海山」/八海醸造 高野友香さん(新潟営業所 営業員)
昭和35年創業。新潟県人はもちろん県外人も足繁く通う、古街に軒を構える鮨屋の名店。「佐渡沖でとれた旬の鮮魚を江戸前の伝統技術で握ってくれます。四季折々の旬のネタをいちばんおいしい状態で出してくれるので、毎回お任せでオーダー。つまみから握りまで、お客さんの年齢やお腹のすき具合に合わせて絶妙な流れで進んでいきます。ネタとシャリのバランスも最高で、口の中で“シャリが踊る”のは、このお店ならではの感覚。また『八海山』の特別本醸造のお燗をつけるのが抜群に上手。酒蔵の人間も唸ってしまうほど完璧な温度帯で提供してくれるので、ぜひ合わせてみてください」

住所;新潟県新潟市中央区古町通9番町1461-1 坂上ビル1F


八海醸造
南魚沼の豊かな自然と雪国の文化が育んできた、この土地ならではの“きれいな酒“が特徴。「仕込み水は霊峰・八海山の伏流水『雷電さまの清水』。選び抜かれた酒米と麹を用いて、長年の修練で身につけた技術を駆使して酒造りをしています。また平成10年に始まった八海山ビールをリブランディングして、『ライディーンビール』に。日本酒と同じ伏流水を使用しているので、合わせて食卓で楽しんでいただけると幸いです」

銘柄:八海山
創業:大正11年
住所:新潟県南魚沼市長森1051番地


Text=本庄真穂

最終更新:8/24(土) 18:03
GOETHE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事