ここから本文です

ジョルジが3つのマッチポイントを凌いでワン・チャンに逆転勝利 [女子テニス]

8/24(土) 22:00配信

テニスマガジンONLINE

 WTAツアー公式戦の「NYJTLブロンクス・オープン」(WTAインターナショナル/アメリカ・ニューヨーク州ブロンクス/8月18~24日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス準決勝で、カミラ・ジョルジ(イタリア)が第1シードのワン・チャン(中国)を第3セットのタイブレークで3つのマッチポイントを凌いだ末に4-6 6-4 7-6(6)で下し、決勝に進出した。

2019年WTAツアー表彰写真|PHOTOアルバム

 ジョルジは今月2度目となる決勝で、予選から勝ち上がったマグダ・リネッテ(ポーランド)と対戦する。リネッテはこの日、第5シードのカテリーナ・シニアコバ(チェコ)を7-6(3) 6-2で倒した。

 ジョルジはキャリア3つ目、今季初のタイトルを目指してこの決勝に臨む。彼女は今月のワシントンDCでも決勝に進出したが、ジェシカ・ペグラ(アメリカ)に敗れて準優勝に終わっていた。

 ワンはタイブレークでリードを奪い、6-3として自分のサービスを迎えた。しかしジョルジは続く2ポイントを取って5ポイント連取のスパートを開始し、2時間39分の試合を勝利で終わらせたのだった。

 ダブルスは決勝が行われ、第3シードのダリヤ・ユラク(クロアチア)/マリア ホセ・マルチネス サンチェス(スペイン)がマルガリータ・ガスパリアン(ロシア)/モニカ・ニクレスク(ルーマニア)を7-5 2-6 [10-7]で倒して優勝を果たした。(C)AP(テニスマガジン)

WASHINGTON, DC - AUGUST 04: Camila Giorgi of Italy returns a shot to Jessica Pegula of the United States during the women's singles final of the Citi Open at Rock Creek Tennis Center on August 04, 2019 in Washington, DC. (Photo by Rob Carr/Getty Images)

最終更新:8/25(日) 13:56
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事