ここから本文です

夏の安眠を守るためにも習得を!【就寝中の「足つり」】対処法

8/24(土) 21:30配信

集英社ハピプラニュース

お悩みのアラフィー女性たちも多い就寝中の「足がつる」問題。もし“つった”ときは、すばやく痛みを鎮めたいもの。夏に安眠を迎えるために知っておきたい、“足つり対処法”を、整形外科医の出沢 明先生に教えてもらいました。

【写真】50代に似合う髪型はこちら

足がつった!その場でできる対処法

つま先を手前に引っぱり、アキレス腱を伸ばす。

手が届かない場合は、足にタオルをかけて引っぱる。

壁に足裏を押しつけて、アキレス腱を伸ばしてもOK。

ふくらはぎがつった場合は、つま先をゆっくり手前に引っぱる

「まずつま先をつかみ、できるだけ体のほうに引っぱってアキレス腱を伸ばします。タオルを使ったり、壁に足の裏を押しつけてアキレス腱を伸ばすのもよいでしょう。前すねがつる人は、逆につま先を伸ばすストレッチを。改善しなければ、ふくらはぎをマッサージしたり、ホットタオルなどで温めるのも効果的」

つりやすい!という人には「芍薬甘草湯」や梅干しが効果的

「睡眠中によく足がつる人は『芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)』という漢方薬を枕元に置いて寝るのもおすすめ。差し込むような急激な痛みや、筋肉の痙攣(けいれん)に有効とされています。筋肉疲労を感じた日は、就寝前に飲んでおくのもよいでしょう。また、梅干しのクエン酸はマグネシウムの吸収を助けるので、足のつりの改善に◎」

【おすすめアイテムはこの2つ!】
芍薬甘草湯の処方で、筋肉の痛みやこわばりを鎮め、足のつり(筋肉の痙攣)、こむら返りを治す。第2類医薬品。
コムレケアa 24錠 ¥1,000/小林製薬

急激に起こる筋肉の痙攣を伴う痛み、こむら返り、腹痛、腰痛などに。第2類医薬品。
「クラシエ」漢方芍薬甘草湯エキス顆粒 12包 ¥1,219/クラシエ薬品

答えてくださったのは…
出沢 明先生
でざわ あきら●出沢明PEDセンター院長。帝京大学医学部附属溝口病院客員教授。腰の病気の内視鏡手術「PED」の第一人者。著書は『もう怖くない! 筋肉のつり こむらがえり』(唯学書房)。

取材・文/和田美穂 イラスト/小迎裕美子

最終更新:8/24(土) 21:30
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事