ここから本文です

渋野日向子を全英女子オープン優勝に導いた母の言葉|日本野球よ、それは間違っている!

8/24(土) 6:05配信

幻冬舎plus

広岡達朗

スポーツ界でこの夏一番のニュースは、20歳の渋野日向子が全英女子オープンゴルフに初出場して優勝したことだろう。日本人としては42年ぶりの快挙にマスコミは連日大騒ぎだったが、干天の慈雨のようなニュースのなかで、私が引きつけられたのは母親の言葉だった。

大会中「やっべぇ」を連発した新女王は、コースを移動中もはじけるような笑顔を振りまき、海外メディアからも「スマイリング・シンデレラ」と呼ばれたが、この笑顔には深い意味があったようだ。

「あなたは笑顔が一番よ」

報道によれば、渋野は8歳からソフトボールとゴルフを始めた。父親は砲丸投げと円盤投げで国体2位、母親はやり投げで高校総体に出場したという。アスリートの血を引く渋野が身体能力に恵まれているのは当然だが、それだけで世界の天才ゴルファーが集まる全英女子で優勝できるはずがない。

母・伸子さんによると、「日向子は子どものころから喜怒哀楽の激しい子でしたが、笑顔がいいので、『あなたは笑顔が一番よ』とだけ言って育てました。『頑張って』とは言わなかった」という。私が感心したのは、この短いコメントに、見事な子育てと娘の成功の秘訣が込められていると思ったからだ。

私は巨人に入団して間もなくプロの壁にぶつかり、人生哲学者・中村天風さんの門を叩いた。天風さんは30歳で重い結核にかかった。日本の名医にも見放されたため、治療と人生の真理を探究するため欧米を遍歴した。だが成果がなく、絶望のうちに海路帰国の途中、エジプトのホテルでヨガの聖者・カリアッパ師と出会い、ヒマラヤの麓で約3年、指導を受けて死病を克服する。

帰国した天風さんは、ヒマラヤ修行以来「人生とは何か、真の幸せとは何か」を追究し、独自の人生哲学「心身統一法」を考案。「人は常に積極的な精神で生きなければいけない。気の持ち方しだいで健康も人生も変わる」という真理を導き出した。その重要な教えの一つが「自己暗示」である。

「鏡に映る自分の顔に対し、自己の欲する積極精神状態を、たとえば『信念が強くなる!』というような言葉を、真剣な気分で発声すること。必要なのは、命令したことが確実に自己の精神に具体化するまで、同一命令をそのたびごとに続行することである」

そして天風さんは、こうも言っている。

「平素人生に活きるときに、つとめて明るく朗らかに活き活きと勇ましく活きる努力を実行すべきである。笑えば心持は何となくのびのびと朗らかになる。(中略)笑いはその疲れた心や体を、ほどよく調和させるように人間に与えられているものである」

1/2ページ

最終更新:8/24(土) 6:05
幻冬舎plus

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事