ここから本文です

まぶして焼くだけ「鶏肉のグリル・オレガノ風味」の作り方

8/24(土) 14:30配信

webマガジン mi-mollet

 2005年よりイタリア・シチリア島に暮らす佐藤礼子さんの著書『イタリアで一番おいしい家庭料理 シチリアのおうちレシピ』からのレシピの紹介です。
佐藤さんがシチリアのマンマに教わった家庭料理のなかでも、とってもシンプルで簡単なのが、この「鶏肉のグリル オレガノ風味」です。

オレガノをまぶすだけなのに、 鶏肉がシチリアの味に変身!

「シチリアのマンマが忙しいときに作る定番料理」と佐藤さん。
オレガノを手で揉みながらふりかけて、焼くだけ、なのに、あら不思議、鶏肉がシチリアの味に大変身します!
最後にたっぷりのレモン汁を絞るのもシチリア風です。

 材料(2人分) 

鶏胸肉……2枚
塩、黒こしょう……各少々
オリーブオイル……大さじ1
乾燥オレガノ……小さじ1
レモン……1/2個

 作り方 

1.鶏肉の両面に塩、黒こしょうをふり、オリーブオイルを全体にかけてなじませる。オレガノを手でもみながらふりかける。
2.フライパンを熱し、1を中火で両面しっかりと焼く。
3.器に盛りつけ、レモンを絞れば出来上がり!


佐藤 礼子
東京都生まれ。イタリア料理人・イタリア菓子職人を経て、洋菓子の商品開発やカフェレストランの店舗企画などに従事。2004年イタリアに渡り、スローフード協会がコーディネートする料理学校に通いイタリア全土の郷土料理を学ぶ。2005年からはシチリア島の最西端トラーパニに住む。地元の人との交流を深めつつシチリアの食文化、郷土菓子や郷土料理を研究しながら、食に関する旅のコーディネートや通訳などで活躍している。シチリアと日本の両方で開催する料理教室も常に人気。2012年イタリア政府公認オリーブオイルテイスターを取得。 シチリアの一番好きな季節は「初夏(シチリアでは5~6月)。アプリコット、プラムなど、シチリアの太陽をたっぷり浴びたフルーツがメルカートにたっくさん!」。

『イタリアで一番おいしい家庭料理 シチリアのおうちレシピ』著者 佐藤礼子 1400円(税別) 講談社

さっぱり、シンプル、意外な組み合わせ…イタリアンの常識が変わる絶品レシピ43。
ヨーロッパでいま最も注目されている「もうひとつのイタリアン」! 
イタリア南部に浮かぶ島、シチリアの家庭料理と島の魅力がまるごと詰まったレシピブック。現地に住む著者による、日本で手に入る食材で再現できる家庭料理を紹介。現地に7年住み、マンマ料理をとことん研究しつくした著者だからこそ紹介できるものが満載の一冊。

構成/生活文化編集チーム

最終更新:8/24(土) 14:30
webマガジン mi-mollet

記事提供社からのご案内(外部サイト)

スタイリスト大草直子がコンセプトディレクターを務める、ミドルエイジ女性のためのwebマガジン。ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルの情報を配信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事